大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


日本プラモデル興亡史

投稿日時:2006/05/18(木) 10:14rss

本屋さんを覗いていて思わず手にとってしまいました。

小学校から中学校にかけて、私の青春はプラモデルとともにあった、
といっても過言ではありませんでした。
高校に進学し、将来何を目指すのか、決めあぐねていた私に、工作
やものづくりが好きなら意匠設計にすすんだらどうか?と勧めてくれ
たのも、そんな私を見ていた(あきれていた)母でした。
ベッドの下は未制作のプラモデルのストックでいつも埋まっているよ
うな状態でした。

これはそんな時代に一瞬でフィードバックさせてしまうような本です。
当時、スケールモデル(特に戦車)などの改造ばかりやっていたの
ですが、「タミヤニュース」という田宮模型から出されている小冊子
を目を皿のようにして見ていたのですが、特に開発者や金型設計者
のインタビューなど、琴線に触れるものが少なくありませんでした。

単にプラモデルを作る、それで遊ぶ、というだけでなく、このころは
「ものづくりの思いに触れる・伝える」という楽しみがあったような気が
します。

その頃読んだエピソードで、いまだに忘れられないのは(この本の中
では触れられていませんが)、こんなコメントでした。
「本物を計測したり、本物の設計図面が有ったとしても、それをスケー
ルダウンすればよいというわけではないんですよ。35分の1にしてみ
たとき、堂々と見える、大きく見える、強そうに見える、早そうに見える、
などの感覚値を盛り込んでディフォルメしていくんです」

最近は超精密に彩色を施した食玩がコンビニで売られていて、つい
手が伸びそうになりますが、このような思いを引き継いでいると思うと
少しうれしくなります。

日本プラモデル興亡史―子供たちの昭和史

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
626c2dccd464b1316e148423dff0ecc9.png?1506093605
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(583)


<<  2017年9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘