大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


日本のネット開拓者(その1)

投稿日時:2006/05/26(金) 09:45rss

幸いにも、日本での商用利用の最初期からインターネットに関わる
ことができたので、今までにインターネット上で起きたことをいろ
いろと身近に感じることができました。

そんな中で出会った方々(久米さんももちろんその一人ですが)とのエ
ピソードをいくつか紹介して行こうと思います。
インターネット系の大掛かりなイベントの筆頭といえるのが「インタロ
ップ」という展示会で、1996年、その第1回が幕張メッセで行われ
たとき、私自身も当時の会社として展示企画に関わりました。

今までの展示会と違い、天井からぶっといネットワークケーブルが
いっぱい降りてきて中央に組まれたサーバーラックにつながり、けっ
こう興奮したものです。
そのとき偶然、名刺交換してご挨拶したのが現在、エキサイト株式
会社の代表取締役社長である山村幸弘さんです。

山村さんとはその後、1,2度メールか電話でお話をしましたが、それ
っきりで、もちろん覚えていらっしゃらないと思います。

当時、山村さんはトランスコスモスにいらっしゃって、面白い物を紹介
されていて、それが印象的でいまだに覚えているのです。

山村さんは、一枚のフロッピーを見せてくださいました。
米国で成功したEマーケティングサービスで、そのフロッピーはリーボ
ックのスニーカーを買うと、靴箱に同梱されているものです。

そのフロッピーをPCに入れてファイルをクリックすると、特設WEBに
つながり、ID、パスワードを入れるとメンバーだけの情報が入手できる
というものです。

今では別に珍しいものではありませんが、当時リアルとネットをつなぐ
というアイディアは画期的で、何かのヒントになるか、としばらくそのフ
ロッピーのサンプルを大事に持っていました。

山村さんは、その後も大きなチャレンジを続けられ、親会社の米国エキ
サイトがアットホームに買収され、さらに経営破綻に陥ったり、というなか、
当時の筆頭株主である伊藤忠商事からほとんどの株式を取得して独立
という離れ業をやってのけられました。

僕自身、10年お会いしていないのですが、印象は当時のほうがふけて
いた(失礼)感じです。
私自身もそうありたいなあとひそかにあこがれています。

山村幸広ブログ

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
90be94e42b3814adf822d281ba7300c5.png?1506093631
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(583)


<<  2017年9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘