大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


初めて飛んだ日

投稿日時:2007/08/22(水) 19:35rss

先週は下の子供(男の子5歳)の誕生日で、自転車を買ってあげた。
もちろん補助輪つきの一番小さなものだ。
しかしとにかく漕ぐことがうれしくて、週末も水筒で水分補給しながら
小田急の引込み線の日陰で虫のように漕ぎまわっていた。
付き合ったこちらのほうが倒れそうだった。
実は上の子(女の子8歳)にも、今年の春に自転車を買っていた。
彼女の自転車は最初から補助輪はない。

さらに、買ったときに自転車やさんにペダルをはずしてもらった。
まずは足で蹴りながらバランスをとる練習をしようというわけだ。
どうしても手に力が入ってしまうのだが、少しずつ重心を腰に移す
練習をした。
なかなか時間が取れなかったので、そんなことばかり数回繰り返す
うちにバレエの練習が混んできてしばらく自転車から離れていた。

この夏は弟も自転車を買ったのでプレッシャーを感じたのか、改めて
集中練習をやった。

先週、片方だけペダルをつけてみると、
「なんだパパ、ペダルがあるほうが楽じゃん」と、だいぶバランスを
とることに自信がついてきたようだった。

そして昨日、家人がもう一方のペダルをつけて漕がせてみたら、、
あっという間に乗れてしまったそうだ。

その瞬間を見られなかったのが残念だが、話を聞いた瞬間に、30
数年前、自分が初めて自転車に乗れたときのことを、はっきりと、色
つきで思い出した。

「お兄ちゃん、もう手を離してもいいよ」

わたしがそう叫んで振り返ってみると、兄はすでに30メートルぐらい
前で手を振っていた。
なんだか初めてすごい自信をもてたような気がしたものだ。

初めて飛んだ日。

うちに帰って娘の顔を見ると、彼女はまるで空を飛べたかのような顔
をして喜んでいた。

みなさんは初めて自転車に乗れたのことを、覚えているだろうか?

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
80f8d0901c92d5afd131d0b7e210e433.png?1506158489
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(583)


<<  2017年9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘