大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


日本経団連主催イントラネット活用セミナー

投稿日時:2006/09/11(月) 18:50rss

先週の金曜日は代々木のオリンピックセンターにて日本経団連さんの
主催のセミナーを行ってきました。

夏休み明けということもあって、当初は集客も心配していたのですが、
やはりイントラネット関連は関心が高かったようで40名を超える大手企
業の広報、人事、経営企画の方々が参加してくださり、熱心に聴いて
いただくことが出来ました。
朝から夕方までの4部構成、5時間に及ぶ講義ですので、単にツールや
事例の紹介だけでは間が持たないと考えました。

ましてや、イントラ成功(活用)の鍵はツールそのものよりも、その企業の
一人一人、もしくは部門、もしくは経営にかかわる方の、コミュニケーショ
ンに対する意識の問題が握っていることが多いと感じています。

それで、まずは企業がどうネットを使ってきたのか、その経緯を知るところ
からはじめ、社内コミュニケーションの実情とケース、そしてお昼をはさんで
具体的なツールなどを紹介しました。
最後はちょっと冗長になってしまったかもしれませんが、企業のコミュニケ
ーションを活性化させるための基礎ファクターとして、メールや会議など
から考え直す機会を持ちました。

私がこのようなセミナーをやる場合、よく今後のアクションについてご相談
をいただきます。
その場合、いきなりコンサル契約、というよりも、以下のようなプロセスを
とる場合がほとんどです。

1.セミナーの感想から課題や解決方法についてのご質問をいただく。

2.セミナー内容を社内で共有したい、ということで広報部など関連部門の
  方をあつめて、企業にてもう一度同様のセミナーの機会を持つ。
  (共通認識を持つ)

3.認識の共有が出来ると課題が浮き彫りになってくるので、その課題に
  対して調査のご依頼をいただく。

4.調査結果からプライオリティ(優先度)を導き出し、ご提案を行う。

5.提案事項に関し、実施要望のある場合はお見積もりをとって実施フェイズ
  に移す。

というような感じです。

営業くさくなるのでやめますが(笑)、弊社はバイリンガル対応です。
外資の本社対応も含めてご相談に預かる場合も少なくありません。

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
4cd82912992b916e14c4f6fd2ce3b99d.png?1505866400
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(583)


<<  2017年9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘