大きくする 標準 小さくする
前ページ

2006年05月17日(水)更新

ワールドカップドイツ代表GKオリバーカーンのコメント

日本でも代表メンバーが決まり、いよいよ機運が高まってきたワール
ドカップですが、先日スポーツニュースで見た彼のインタビューが
忘れられません。

オリバーカーンといえば、前回大会での迫力あるプレイが記憶に残る
ゴールキーパーです。
プライベートでは不倫や離婚騒動などで一時期相当のイメージダウン
を喫しているときもありました。

今回、代表メンバーでの扱いは控えゴールキーパー。
さらに追い込まれていく彼の心中を察すると、どう対応するかはとても
興味深いものがありました。
私自身も中学から20年ゴールキーパーをやってきたのでよくわかりま
すが、よほどのことがない限り試合ごとにGKを変えるということはなく、
あくまで事故(怪我)やレッドカード対策です。

しかしこうなったとき、今までサクセスストーリーに彩られてきた彼のキ
ャリアを考えると、「正ゴールキーパーじゃないなら自分のプライドが許
さないので代表には入らない」という選択肢もあったはずです。

企業が不祥事や事故を起こしたときの危機対応のインタビューや記者
会見をよく見ますが、その多くは謝罪をしつつ、保身のコメントをするの
で火に油を注ぐ場合が少なくありません。

カーンも、断れば自分のプライドを守れるかもしれませんし、自分を選ば
なかった監督に対しての最後っ屁として溜飲を下げることできたかもし
れません。

しかし彼は、「ドイツのためにサブで一緒に戦う」というもので、その意外
性に離れつつある自分のイメージを一気にまた引き寄せることとなった
ようです。

「大変な努力にもかかわらず敗北を喫した時、人は逃げたりするのでは
なく、その人間性を示さなければならない。自分は敗北を受け入れられ
なかったり、それにうまく対処できない人間ではない。そうした状況でも
最善を尽くす人間だ。W杯では、個人的な利益や境遇などではなく、も
っと大きなことが大事なのだ。スポーツマンなら敗北を受け入れる能力
だって備えていなければならない。
もちろん失望したし、誰だって参加する以上はプレーしたい。だが大切
なのは参加して自分の経験を伝えていくことだ。(レーマンに)負けはし
たが、自分はベストを尽くしていく。それが代表チームに利益となるなら
ば素晴らしいことだ」[ 以上、スポーツナビ 4月11日 13:36 より抜粋]

今の子供、いや、全ての人に勝負の意味、特に負ける意味を教えてくれ
るインタビューだと思いました。

2006年05月16日(火)更新

ガソリンスタンドのビジネス戦略

週末に家族と新宿に出かけましたが、帰り(夕方6時ごろ)にちょうど
甲州街道から環八を左折南下したところ、路肩に車の渋滞が見えま
した。

きっと数年前に放火で消失したドンクホーテが先日再オープンしたの
で、もう以前の勢いをとりもどしたのか、と思ったのですが、、、
実はその車の列はもっと先まで伸びていたのでした。
それは、その先に最近できた大型のセルフ式のガソリンスタンドです。
驚いたことに、この近辺の相場から、10円安い値段で営業をしてい
るのです。
リッター10円ですから、60リッター入る中型車では600円!大型車
だと1000円近く違ってくるのでこれは大きいです。

憶測ですが、「石油が高騰している時代にガソリンスタンドをオープン
するなら、それなりに明確な戦略がなければ生き残れない」ということ
を考えてやられているような気がしてならないのです。

セルフのスタンドも増えていますが、今までの規模のままセルフにして
いるところは、人件費的に若干は下がるかもしれませんが、元々洗車
やその他のサービスに人件費かかっていたとすると、セルフにしても
そんなに大きな改善にはなっていなかったのでは?と思います。

倍ぐらいの規模のスタンドを作り、思い切って10円下げることで、恒常
的にお客さんが来ている状況を作ったからこそ、セルフの効果が表れて
いるのではないでしょうか?
原価が高騰する時代に利益を出す方法をしっかり考えている、という様
子がうかがい知れました。

2006年05月15日(月)更新

海外出張のとき、成田でする事

昔は水天宮前の東京シティエアターミナルでチェックインできたので
成田につく時間をぎりぎりにセットすることができたのですが、現在は
テロ警戒などでセキュリティを一本化し、当地の混雑を予見するとか
なり早くいかないとならなくなりました。

で、成田でなにをするか?という話題が友人と話題になり、彼は儀
式的に「寿司と日本のビール」を食べるのだそうです。
これもなかなか良いですね。

食事とはちょっと違うのですが、僕自身は、携帯するのを忘れていつも
成田で買うものがあります。
それは、オシリの清拭剤(花○のサニー○など)なんです。
わたしはウォシュレット党で、海外に行くとそれがないので辛いので
す。(紙も固い。ウォシュレットはない。)

2、3日だと我慢もできるのですが、食事が変わると余計に敏感にな
ってしまうので必携です。
あと、爪きり、耳掻き、お風呂用のあかすりタオルみたいなものは、
「現地でも何とかなるだろう」と思うようなものですが、意外に不便
します。(細かい話ですが、日本のように芯のしっかりした綿棒もみ
つけにくいです)

逆に持って行けないもの(没収されるもの)はライターと刃物ですね。
わたしはチョビひげを生やしているのですが、そのトリミング用の先の
まるい小さなはさみも没収されてしまいました。
(わざわざ先がの丸いものを買ったのに!といっても「はさみははさみ」
で、終わってしまいました。。。)

私自身は食べ物に執着がないので、それでも時間があればゆっくりと
カフェテリアで過ごしています。(機内食含め、到着するまで、できるだ
け食事をとらないようにしています)。
そのほうが現地の食事が入り、ゆっくり休めるからです。

2006年05月12日(金)更新

■私の座右の書■(パート3)

もう一冊(というか、シリーズ)、ご紹介したい本があります。

一般的なビジネス書などとはニュアンスは少し違いますが、私が一番
繰り返し読んでいる(見ている)のは「ナニワ金融道」(青木雄二)全
19巻です。

ナニワ金融道
青木雄二


私は独立するときにブックオフで全巻そろいで買い、今はトイレの図
書架に置き、常に手に取れるようになっています。

「お金」に関わるリアリティに富んだ本で、最初は汚いヘタな絵だと思
っていましたが、読み込んでいくと、随所に相当意図された仕掛けが
組み込まれており(部長の背広の背中の柄合わせは合っているのに
若手の奴の背広の柄は合っていない、など)、物語だけでなく、画面
に含まれる情報量に圧倒されます。
ご存知の方も多いかと思いますが、消費者金融に勤める新人が色々な
経験を通じて一人前になる、という話です。
最後に近い18巻で、一人前のはずの主人公が4000万のヘマを打ち
ます。
それが発覚した時点で、上司は彼に手形の裏書をさせ、「だました奴を
見つけられなかったらこの半額はお前が払え。いっておくがお前に3万で
貸している社宅は通常30万ぐらいするところだから、計上すれば、おま
えの収入では自己破産できないことも覚えておけ。」
退路を立たれ、絶望して帰宅した彼を出迎えた内縁の妻のセリフは、
「あたしもあんたに賭けてここまでついてきたんだから、そんなんでつぶ
れてもらったら婚約不履行で慰謝料請求を起こしてやるわ。そうなりゃ
自己破産できるでしょう。さあ、安心してその犯人を探してきなさい」
というものです。
ここから最終巻にかけての展開は、何度かドラマ(中居君主演)でやりま
したが、原作を越えることはありません(いしだあゆみは熱演でしたが)。

トイレの図書館のおかげで時々社員がなかなか出てこなくなるのが困り
ものですが。

2006年05月11日(木)更新

■私の座右の書■(パート2)

「売れない時代に何故売れる」
伊吹 卓


ロウィーは「デザイン」という定量評価しにくい感覚値をクライアントに理解して
もらうために、通常とは逆の方法をとったのだそうです。

よくデザインに関わる仕事をしていて散見される話題に、「自分の好き嫌い
以外に、どうやってデザインを評価してよいかわからない」
という問題があります。

デザイナーが陥りやすいあやまちというのは、
「私のセンスを評価して仕事を任されたんだから、私がこれが良い、という
ものを提案して、それを買ってもらう」というもの。

クライントにしても、何故それが良いのか?悪いのか?を論理的に評価できな
いから「自分の感覚として好きではないのでもっと他のを見せて欲しい」
となってしまいます。

ロウィーの視点は、まず、デザインする商品の最終消費者に向いていました。
「人の好みは百人十色」といいますが、彼が着目したのは、反対に、
「人の好みは分かれるが、嫌う要素はほとんどぶれがない」というものです。

そこで、デザインする商品について、「人が嫌う要素」を徹底的に抽出し、それを
丁寧に取り除いていったのだそうです。
それが確認できていれば、極端な話、後はどんなデザインをしようが、その商
品はまちがいなく「安全に売れる」ということが確定できるのです。

そのことによって、クライアントはロウィーのデザインに「売れる」安心感を持ち、納得
するので、ビジネスに見合う正当な対価を払うことができた、というわけです。

私自身も、学生時代はすくなからず、「デザイナーとは自身の感覚(審美眼)を
磨き、世の中にないトレンドを提示し、新鮮な驚きと感動を与える仕事」という
ようなエゴイスティックな思いを持っていましたが、デザイナーをやめたときに
読んだ本でこのような本質と出会うとは思ってもいませんでした。

伊吹さんは帰国後、自身の商品研究所で、このような感覚値を標準化する手
法を編み出しました。
すなわち、研究員にスーパーマーケットに行かせ、ひとつのジャンルに1点ずつ、
「自分か買いたいと思うもの」と「これは絶対買わない」と言うパッケージを選ば
せるのだそうです。

数人の研究員が買ってきたものを研究所に持ち帰り、「買いたい」ものと「買わ
ない」ものをそれぞれ集めてみてみると、、、「買わない」ものはやはりほとんど
ブレがない、ということと、集合体で見ると「今の時代、人がどんなデザイン要素
やメッセージで物を選ぶか?」が見えてくるのだそうです。

私自身、オンラインコミュニケーションに携わるようになってからまずやったことは
浴びるように、それこそ目眩がしてして気持ち悪くなるまで、色々な企業のサイ
トを見まくることでした。
それによって感覚値を磨き、「何が使いやすいのか?」、「何が伝わるのか?」を
吸収していきました。
現在もスタッフにはできるだけ数を見ること、そして感じたことを自分で記録する
ことをやってもらっています。
イントラにはすでに相当なアーカイブができつつあります。

お客様とは一期一会で、様々な相談を受けますが、あまり主観的にならず、
客観的なアドヴァイスを心がけていますので、上記のようなベンチマーク(トレー
ニング?笑)は私たちにとっては日課でヒンズースクワットをやっているようなも
のです。

伊吹さんは多数の本を出されていますが、いくつかの書籍で上記のような
マーケティング感覚を磨く方法論を紹介しています。

2006年05月10日(水)更新

■私の座右の書■(パート1)

■私の座右の書■(パート1)

「売れない時代に何故売れる」
伊吹 卓


15年以上前のマーケティングの本なんてどれほどの価値があるのか?
ほとんどの皆さんがそう思われることと思います。

私がこの本を手に取ったのは、その15年前、ちょうどデザイナーの仕事
から広報コミュニケーションの世界に移ったときでした。

何故興味を持ったかというと、戦前から戦後にかけてヨーロッパおよびア
メリカで活躍したレイモンド・ロウィーという工業デザイナーの話が出てい
たからです。

ロウィーはそれこそ、僕が大学の教科書として読まされたような人で、彼
の著書のタイトルが「口紅から機関車まで」というように、様々なもののデ
ザインをしてきた、創成期の工業デザイナーです。
工業デザインだけでなく、シェル石油のロゴや日本のタバコのピース、米国
のラッキーストライク、あとはお菓子の不二家のロゴもそうです。

彼のすごいところは、そのようなデザインの仕事で、ものすごい報酬(デザ
イン料)をチャージしていた点です。

日本ではまだまだ「企画やデザインのような付加価値は対価として定量
評価しにくいのでサービス(オマケ)」というような認識が払拭し切れてお
らず、いまだにデザイン料や企画料は「どう評価していいか、わからない」
から「高い」、「そんなにお金は払えない」といわれる。
著作権の認識も薄いので、「うちのために作ったんならデータでちょうだい」
といわれることも。

で、何故、ロウィーがそんな高額のチャージができていたか?企業が喜んで
それだけの報酬を彼に払っていたか?というのが伊吹さんの興味で、それを
解明するためにアメリカのロウィーファウンデーションまで飛んで聞きに行っ
ちゃったんですね。(すごい行動力)

それでわかった!ことを本に書いているんです。
これはもう!目からウロコ、でした。そのことは、ロウィー自身も著作や文献
には残していなかったんですね。
僕も美大生でデザインの勉強をしていたときはロウィーの作品については触れ
ていましたが、そんな秘密は学校で教えてもらえませんでした。
でも、ビジネスプロフェッショナルとしてデザインを生業とするものには非常
に大切なエッセンスでした。

(続きは明日)

2006年05月09日(火)更新

社内コミュニケーション

イントラネットや、社内報など、社内コミュニケーションに関わる相談も
よく受けます。もちろんブログ導入の話もいただきますが、闇雲に企画
提案する前に状況をヒアリングすることがとても重要です。

いきなりこぼれ話ですが、「ブログツールは安いので、イントラとして全
社導入したが、積極利用しようとする人がほとんどおらず、失敗した」
という話を聞きました。
「仏作って魂入れず」ではないですが、こういうことで「BLOGはダメだ」
とか「BLOGは慎重に」といわれるのはちょっと心外なのです。

なぜなら、ツールの選択以前にインターナル(社内)コミュニケーション
の成功には、ある重要なポイントが有るからなのです。
それは、「経営の理解と組織の横断的なつながりを作ること」で、私は
「クロスリレーション(C)」と呼んでいます。

上記のような相談のほとんどが、広報か人事から来るのですが、その
部門だけの予算、あるいは管理で行われることが多く、結果的に非常
に限定的な活動になりかねないのです。

小さな会社なら、社長のトップダウンである程度カバーできるかもしれま
せんが、大きな企業ほど、セクショナリズムによるコミュニケーションの
弊害を感じていることも珍しくないのではないでしょうか?

私自身はサラリーマーン時代に広報だったのですが、そのときにやって
いたのは部門を横断的につなぐコミュニケーションを作ることで企業メッセ
ージの風通しをよくしようということでした。

私自身の活動原資は広報部、および経営企画室からのサポートを得て
いましたので、それこそ、総務、マーケティング、人事部にまで顔を出し、
工場のサインシステム、環境キャンペーンポスター、販促ノベルティの
デザイン、展示会ブースの企画、採用DMや入社案内、新人教育セミ
ナー、会社案内、社長のプレゼンテーション、ポートレート撮影、プレス発
表会の司会まで、いろんなことをやってきました。

しかし、こうやって組織横断的に仕事をすることで、色々な部署から信頼
をいただくことができ、結果としてインターネットやイントラネットを企画する
際、ほとんどの方から協力を取り付けることができたのです。

「ギブアンドテイクはギブが先」とか「ギブアンドギブン(まず与えるものに
与えられる)」と言われますが、この考え方とネットは親和性が高いのか
もしれませんね。

2006年05月08日(月)更新

見たこともない映像に感動

みなさん連休は有意義に過ごされましたか?
わたしはほとんど近場で家族と過ごしていました、。

土曜日は、昨年同様、大手町の逓信総合博物館に展覧会を見に行
きました。
昨年はエスティーローダー卿の集めた戦前の日本の絵葉書のコレク
ションで、子供は30分でリタイヤですが、なかなか見られないも
のが多くとても有意義でした。
今年は円谷プロのウルトラマン博覧会なので子供は大喜び。
普段では考えられませんが連休中だと大手町もガラガラで、車で
行っても野村證券の前に堂々と路駐が出来るのでとても便利です。

ところで連休前の4月27日、テレビ朝日系列の「報道ステーショ
ン」で「世界遺産・吉野山の桜」をモーターパラグライダーで撮影し
たものを放送していました。これは圧巻でしたね!
吉野山の桜を、パラグライダーに乗るカメラマンが、超低空飛行
でなめるように桜の絨毯を追っていくのです。
以前も知床半島を断崖に添って撮影したりしていたシリーズですが、
今まで見たこともない映像に毎回とても感動します。

この撮影をしているのは、飛行撮影家の矢野健夫さんという方で
元々はインテリアデザイナーだった方で、今年54歳!

今までの空撮では近寄れない位置からの撮影は、まさに手に届き
そうなドラマチックな映像です。

「今までになかったもの」、「他ではまねのできないもの」の力が
どれだけ偉大か、考えさせられました。

GWは、自身にとってその答を見つめなおす良い機会となりました。

飛行撮影家・矢野健夫
http://www.bird-eyes.com/index.html
«前へ

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

<<  2006年5月  >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘