大きくする 標準 小さくする
前ページ

2007年01月10日(水)更新

目利きになる方法

昨日は人材評価から自分のキャリアに関する話だったが、同様に
人材採用に苦労されている、というフィードバックをいくつかいただ
いた。

関連は薄いかもしれないが、いわゆる「目利き」という才能は、どの
ように磨かれるのか?興味があった。

趣味が高じて、何冊も本を書かれている骨董収集の先生と仲良く
なった。末続尭(たかし)さんという方だが、「手のとどく骨董収集法」
など、身近に楽しむ(お金をかけない)ためにも、「目利き」になること
が肝要、と説くユニークな方だ。
「目利きになるには、とにかくよいものを見る。そして黙って100点
集めてみろ。自腹でそのぐらい集めると良し悪しも見えてくる」

同様のことはなんでも鑑定団などで有名な中島誠之助さんもおっしゃ
っていた。
実は、今年に入って、すでに14枚のCD(音楽)を買っている。
しかし使ったお金は4000円にも満たない。すべてブックオフで1枚
250円コーナーで買っているからで、いくつかは3枚500円だ。

ブックオフは割りと明快な一物一価のシステムが出来ていて、最近の
物は高いけど「希少廃盤」などで高価、ということは少ない。

こんな調子で年間数百枚、合計2000枚近いCDを抱えていると、ある
アーティストが他のアーティストやプロデューサーと、どんな関係でつ
ながっているか、が見えてくる。
まあ、メジャーで興味のあるアーティストのCDはだいたい聞いている
ので、今買っているのは、昔レコードのときに買えなかった古いアー
ティストか、まったく無名のアーティストのものだ。

前者は安ければラッキーで即買い。後者はアーティストの名前も聞い
たことがなくても、年代、レーベル、プロデューサー、ジャケットのアー
トディレクションのレベル、曲のタイトルなどから、推測して買うが、あ
まり「はずれ」をつかまない。

まったく自慢にならない話だが、「あー、このアーティスト無名だけど
内容がすごくよいので250円なら買えばいいのに」とおせっかいした
くなるCDも目に付くようになってきた。

書店では「大人のロック」みたいな懐古雑誌があふれてきているが、
いつまでもディープパープルってわけでもないと思う。
(ポリスが再結成されればうれしいけど)
新旧あわせて「自分の価値観に合う音楽」を探すのも楽しいものだ。
«前へ

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

<<  2018年7月  >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘