大きくする 標準 小さくする
次ページ

2006年04月28日(金)更新

3分クッキング

ちょっと前の週末、自宅に友人が子連れで遊びに来ました。
「夕食に何を食べようか」という話になったとき、ピザとるのもなんだし、
子供同士が遊んでいるので外に行くのもちょっと。
鳥ナベにしようか、なんて話もでたけど、昨日も鳥だったし。。。

奥さん同士の話し合いではなかなか決まらないので、僕の提案で
チーズフォンデュにすることにしました。

これは短時間で出来るし、以外に簡単でおいしいのでオススメです。

以下に大人4人分ぐらいのテキトーな作り方を書きます。

1.
にんにく3~4個を薄く刻んで厚手で薄いナベ(土鍋でも可)にこすり
付ける。

2.
安い白ワイン(僕は1本350円の特売品)を半分ぐらいドバドバ入れて
弱火にかけ、沸騰してアルコールを飛ばす。

3.
普通のピザ用のナチュラルチーズを450グラム一袋をボールに空け、
コーンスターチ(無ければ小麦粉)を大さじ3杯ぐらいさらさらとふりか
ける。

4.
同様に、コク出し用のナチュラルチーズ(スーパーに行くと小さめの
石鹸大で300円ぐらいを色々売っています)をスライスして半分ぐらい
ボールに入れる。

5.
煮立ったワインのなべの中にそれらのチーズを少しずつ、かき混ぜなが
ら入れる。

6.
弱火にし、良く混ぜて一煮立ち、で準備OK!

7.
一口大に切ったバケット(フランスパン)につけてパクリ。
他には茹でた野菜(メキャベツ、ブロッコリ、ポテト、にんじん、マシュル
ームなど)、ソーセージなどを用意すると楽しいです。

足りなくなったら3~6の工程を繰り返すだけです。


うまく行くと最後のチーズが「にんにく入りおせんべい」のようになります。
テフロンのナベだとキレイにはがれて香ばしくておいしいですよ。

巷では、「チョイ悪オヤジ」とか「チョイロク(でなし)オヤジ」が流行ってい
るようですが、これからは「ちょい料理オヤジ」がモテル!予定です。
連休中にお父さんのカブをあげてください!

2006年04月27日(木)更新

「コミュニケーションを創る」ということ

サラリーマン時代に、マーケティング企画で小室哲哉さんに
インタビューする機会がありました。

当時は時代の寵児、といった感じで、インタビューも、とても
緊張しました。
私の質問は、
「そんなに忙しい中で、どうしてこんなにたくさんのアーティス
トをプロデュースできるんでしょう?」
というもので、それに対する小室さんの答えに大変(意外で)
感心した覚えがあります。

彼は、こんな風に言いました。
「まずはアーティスト本人、というよりも、僕は若い人たちが
どのように音楽を楽しんでいるのか、もしくはどんな音楽の
楽しみ方を欲しているのか、を考えます。例えばカラオケで
歌いたい、とか、一緒に踊りたい、とか、そういうことです。
それで、みんなが望んでいるものの断片(頭に浮かんだメ
ロディやリズム、フレーズなど)をいっぱい引き出しに溜め込
んでいるんですよ。で、アーティストとは、いきなり仕事、と
言うよりも食事をしたり、街を歩いたり、何かを見たり、話をし
たり、一定時間一緒にすごしてみるんです。そうすると、その
人がどんなメッセージを伝える力を持っているのか、が見え
てくる。で、それに合わせて引き出しの材料を当てはめていく。
そういうプロセスなんです。」

まずはマーケット(最終顧客)を見定める。その上で、アーティ
ストはメッセージを伝える「メディア」と捉えていたんです。
彼は、音楽を創ることを通じて、時代感を伝えるコミュニケー
ションをしていたんですね。

「ああ、これなら売れるわけだ」と素直に思いました。

その後、独立する際に、自分達の仕事を考えるときにとても
参考になりました。

2006年04月26日(水)更新

子供と遊ぶ都心の穴場

そろそろゴールデンウィークが近づいてきていますが、皆さんのご予定は
いかがですか?
私は近場(三浦半島)と実家(横浜)です。

ゴールデンウィークに限らず、休日に子供づれでどこに行こうか?と考える
とき、都心は以外に穴場です。
今日はそんな情報を。

昨年のゴールデンウィークは、空いた1日に大手町にテイパーク(逓信放送博
物館)
に行きました。

お目当てはエスティ-ローダー卿の「戦前の日本の絵葉書コレクション展」
だったのですけれど、子供達は30分が限界。そそくさと上の博物館に遊び
に行かされましたが、なかなか見られない日本のアールデコが満載で、と
ても貴重なものでした。
これらの絵葉書は時々骨董市で見かけることがあるのですが、1枚1000円
とか、セットで1万2000円、とかいわれて驚くことが多いです。

しかし、連休中の大手町はがらがらで、読売新聞社の横手に堂々と路駐して、
まったく問題ありませんでした(ほめられませんが)。

今年はウルトラマンやるのでがらがら、とはいかないでしょう。。

また、先日行った愛宕山の「NHK放送博物館」も相当穴場です。

入場無料で、しかも駐車場もガラガラ。帰りに愛宕神社にお参りもできます。
当時のマイクで「りんごの歌」を唄うと、当時のスピーカーから、まるで昔の
ラジオ放送のように聞こえてきます。映像も、昔のテレビセットから昔のテ
レビ番組が見られるようになっていたり、はたまた最新鋭の5.1チャンネル
サラウンドが体験できたりと盛りだくさんです。
ここにも戦前からの放送機器(デザインが素敵)の展示に加え、アールデコ
バリバリのポスターがたくさん見られ、デコマニアにはたまりません。

3丁目の夕日より以前は、東京に高層建築はなく、愛宕山に放送局とアンテナ
立てればOKだったんですね。
オリジナルの建物は模型だけしか残っていないのですが、これもまた典型的な
アールデコ建築。維持できなかったのが残念です。
近所の芝公園付近は緑も公園も多いのでのんびりできます。
夕方になると「鐘がなるなり増上寺」。これまた風情があって良いです。

2006年04月25日(火)更新

クリエイティビティとクラフトマンシップ

私自身が、元々工業デザイナーであるせいか、「ものづくり」の思いに触れると
どうにも冷静でいられなくなってしまい、それは、つい「散財」という形につなが
ります。

そもそも、ジュエリーやアクセサリーにそんなに興味が深いわけではないので
すが、アクセサリー界で異彩を放つ私のお気に入りの2つの会社をご紹介しま
す。
ニーシング
http://www.ginza-tenshodo.com/jp/nissing/index.html
http://niessing.kashikey.co.jp/

ドイツのニーシング社は違う組成の金属を合わせてひとつのリングを作ったり
するのが得意な会社でした。
しかし彼らを有名にしたのは「テンションリング」という、台座がなく、両側から
ただダイヤモンドなどの石を挟んでいるだけのリングです。
これは純度の高い金属と、設計精度がないとできないものです。

「アクロバット」などは、実際どうなっているの?といいたくなる状態で石が「ひ
っかかっている」セッティングです。

とにかくアイディアにあふれ、いつも驚かされます。
男性にも楽しめるデザインが多いので、ぜひ実物を見てみてください。
私はエンゲージリング、マリッジリング、両方ここでそろえたのですが、家内は
それ以降もカジュアルなシリーズのコレクションを続けています(させられてい
ます・笑)。
ショールームが会社のそばにあるというのも、私にとっては最悪です。


AROS
http://www.aros.jp/

AROSは若いブランドですが、やはり創業者が金属オタクで、ジュラルミンと
チタン、ジュラルミンと銀など、違う組成のリングを組み合わせています。
ここも鋳型成型のリングはやっていません。全てインゴット(金属塊)からの削
りだしです。

マリッジ用にはカスタムも色々やっているのでアイディアが豊富です。
ニーシングに対する日本からの回答、という感じですが、値段も結構安めのも
のから取り揃えているので、気軽に手にとることができます。
こちらも表参道ヒルズの裏手で、結構近所なので困っています。

というわけで、私は、両手にそれぞれひとつずつ、両社のリングをしているの
ですが、アイディアに詰まったり、チャレンジに胸が震えるときに手元を見て
彼らのクリエイティビティを感じ、勇気をもらっています。

2006年04月24日(月)更新

サヨナラ「鉄」の聖地

「鉄」とはモチロン「鉄道マニア」のことです。

昨日は5月で閉館(来年10月埼玉に移設)となる秋葉原の 交通博物館に息子(3歳)と2人で行ってきました。混むと聞いていたので朝10時に行ったのだけど、既に入り口から人がごった返していて、エラい状況になっていました。

恐るべし「鉄」。
しかも、幼稚園児から白髪まで、「鉄」の年齢層の幅の広さに驚いた。
もちろん「交通博物館」なので、鉄道だけでなく、船や飛行機、自動車、などの関連展示もあるのだけれど、やはり中心は鉄道系ですよね。
一番人気は機関車から新幹線まである運転シミュレーターで、どこも長蛇の列。
本当は旧万世橋駅の遺構が見たかったのだけれど、これも予約制で、すでにいっぱいの状況でした。

意外な発見は、過去に展示していた鉄道や飛行機の展示模型(1メートル近くあるかなり大きなもの)を大棚ざらえであらためて引っ張り出してきて見せていたのがとてもよかったです。
地味ですが、30年ぐらい前の模型職人さんの「腕」を感じます。

展示以外で印象的だったのは、多くの親子連れに混ざって見受けられる「鉄」カップル。どのカップルも彼氏が「熱~く」語ってしまっていて、対する彼女は、「まだ目がハート」から「始終黒田清子(元礼宮)さまのような表情」まで様々で、面白かったです。

帰りは秋葉原に別の生態観察に行こうか、御茶ノ水に楽器見に行こうか悩んで御茶ノ水に行ったのですが、子供に途中で寝られ、抱えてスクワット状態でギターやさんのぞきつつ、新御茶ノ水駅のくだり階段がきつく、それは良いトレーニングになりました。

2006年04月21日(金)更新

理想のビジネスパーソンとは?

今、コミュニケーションツールの開発をお手伝いしている、人材教育系のベンチャー企業があるのですが、先日、そこの商品(セミナー)説明会がある、というので参加してきました。

ちょうど新年度ということもあり、50名を超える人事の採用担当や教育担当の方が集まっていました。

実際のセミナーをダイジェストで体験することでそのセミナーの良さをわかっていただこうというもので、とてもわかりやすく、参加者の皆さんも結構熱くなっていました。

そんな中、興味深かったのが、「皆さんの会社では、どんな人材が必要ですか?御社の理想とするビジネスパーソンって、キーワードで一言で言うとなんでしょう?」という質問が出ました。
それぞれが5つぐらい頭に思い浮かべ、順番に発表していく。アイディアが切れるまで4周ぐらいしたでしょうか?そして、それをさらに多い順にしぼり、最後にまた人気投票で選んだトップ5が以下のリストです。

5.倫理観、素直さ
4.行動力、実行力(コミットメント)
3.創造力
2.決断力・判断力(自律)
1.コミュニケーション能力

「倫理観」が出てくるあたりは世相を反映していると思いますが、3位の創造力(クリエイティビティ)と、トップがコミュニケーション能力、というのは驚きました。
昨晩もテレビ東京のワールドビジネスニュースサテライトで、新人研修や管理者研修の話題を取り上げていましたが、やはり(特に)管理職のコミュニケーション能力の低下が問題になっていると報じていたので、コミュニケーション能力の欠如は「現場の叫び」なんでしょう。

2006年04月20日(木)更新

勇気は自信に先行する

「経営者会報ブログ」編集部より、以下のようなお題が届きました。
=====================================================
経営者会報編集部の大西です。
14日にご案内した、「久米信行さん明大講義に参加する学生さんから
の質問」がさっそく届きましたので、お知らせします。

(引用開始)
明治大学商学部3年の遠藤です。

<質問>私は将来起業家になりたいのですが、起業家になくてはなら
ないものをひとつ挙げるのであれば、どのようなものですか?また、そ
れは、どのように身に付けるのでしょうか?
(引用終わり)

我こそは、とお考えの経営者の方は、さっそく質問にお答えいただくと
ともに、ぜひ、この記事にトラックバックを貼っていただければと思いま
す。

みなさまからの、熱いコメントをお待ちしております!
=====================================================

学生のうちから、将来の起業を見据えている、という時点で、すでに
「すごいしっかりしているなあ」という感じです。

私自身、30過ぎる頃からヘッドハンターと付き合うようになり、その
際に「将来どうしようと考えているんだ」と言われて初めて意識したよ
うな次第ですし、そのときは、まあ40ぐらいで、とのんびり考えていま
した。

実際はうっすらそんな意識を持ち続けていただけででも、独立の機会
は思ったより早くやってきました。

反面、15年もサラリーマンやってきた人間が、いきなり下野するとい
って、一体何をすればいいのか、どうすればいいのか、まったくわかり
ませんでした。
「会社の設立方法」という本は、1000円も出せば本屋で入手できま
す。

しかし、「自らに独自性と可能性があると思う」からビジネスを興すわ
けで、それぞれがユニークケースですから、どこにも教科書がないの
が実情です。

私自身にとって一番大事だったのは、まるで農耕民族から狩猟民族
への意識変換をするための勇気。
それだけのような気がします。

勇気を得るためには、、もちろん家族や友人、そして仕事を通して培っ
てきた人の縁があったからだと思います。

ただ、一歩踏み出すのは自分自身です。
やってもやらなくても、人生。

「勇気は自信に先行する」

この言葉は小学校時代の親友、佐藤純一くんが、小学校を卒業する
ときに送ってくれた言葉です。
いまだに支えになっています。

2006年04月19日(水)更新

日本PR協会主催「新人のための広報講座」

昨日は銀座ラフィートで行われた、日本PR協会主催「新人のための広報講座」で一コマいただき、「ITと広報(知っておきたい広報パースンのWebテクニック)」と題してお話をしてきました。

今年で3年目、企業の広報やPRエージェンシーに入社した新人やあたらに配属になった方々が対象。
約70人近いフレッシュな方々と会うことができました。

インターネット関連の講演やセミナーは、トピックの進歩や新しい事例が多いので、毎回毎回、レジメはほとんど書き換えになってしまいます。

話は「Webによって変わる広報」、「企業とインターネットの関係」、「広報・コミュニケーションプロフェッショナルの可能性」という3本立てで、主に事例を中心に飽きないようにお話させていただいたつもりです。
MIXI参加率も8割近い方々ですから、広報の仕事を通してネットへの関わりの大きさも身近に感じていただけたのではないかと思っています。

2006年04月18日(火)更新

4月にはいるとセミナーが増えます

私の会社の仕事は、主に企業の経営や広報の方向けに、WEBの
活用や戦略企画、または実制作、運営管理指導などを行うことです。

文章で書くと固いのですが、ひらたくいうと、
「10年WEB使ってきたけど、相変わらず技術専門用語が多くて、
どうにもよくわからない。」
という企業の方々のサポートを行っているのです。

自身が企業広報として、10数年前にWEB管理の仕事をはじめたの
がきっかけですから、独立後も「WEB制作会社」というよりは、「企業
WEBマネージメントのお手伝い」というニッチマーケットを目指そうと
志しました。

いわゆる制作会社さんと一番大きな違いは、「企業WEBマスターの
視点から」のセミナーをかなり多く実施している、という点かもしれま
せん。

昨年は延べ回数が27回でした。
今年の目標は50回です。

そんなわけで私のセミナーも年初は毎年スロースタートなのですが、
4月になるといきなり数が多くなります。
昨日は、昨年よりコンサルティングに入っている、ある財団法人さんの
WEB活用現状調査と今後の改善の可能性についてのまとめのセミ
ナー(というかプレゼンテーション)でした。

財団理事長はじめ、トップの方が勢ぞろいして総勢30名のまなざしが
刺さるようでしたが、直言を快く受け止めていただき、ほっとしました。

本日も日本PR協会主催「新人のための広報講座」で、「ITと広報
(オンラインPRの実際)」という題でお話をさせていただく予定です。

普通はある「セオリー」を持っているとセミナーをやるにもレジメを使い
まわしできるので、結構楽だ、というセミナー講師の方もいるようですが、
オンラインPR関連はアップデートがはなはだしく、毎年、毎回、ほとんど
作り変えています。

一人でも多くの「仲間」を作るために、と思うと、大勢の前でお話しする
のもなぜかあまり苦ではなくなります。

2006年04月17日(月)更新

中古家具の活用

昨年末にオフィスを一部屋借り増ししました。
そこで問題になるのがデスクや椅子、会議テーブル等の購入
です。

数年前にも一度拡大基調で引越しをしたことがあったのですが、
その時は公庫でお金を借りて、オフィスセットアップする会社に
全部お願いしました。

今回はかなりコストにシビアになっていたので別の方法を考え、
利用したのが中古オフィス家具やさんです。
サラリーマン時代から、コミュニケーションの仕事をしていたおか
げで、総務の方がどのように家具の調達をしているか、そこに
(リサイクルとか資源の活用の観点から見ると)どれだけの無駄
が発生するかも知っていました。

たとえば数百人からのオフィスが新宿から六本木ヒルズに引越
しするとすると、オフィス家具などは持っていかず、向こうで新た
に購入し、レイアウトする場合が多いのです。

そのほうが移動してすぐに仕事ができるし、今のものを解体、
傷つかないような梱包や保護をし、また向こうで気を使いながら
セットアップするよりも、コストは安くなるそうなのです。

と、すると、つぶれる会社だけでなく、移動によって新品同様の
オフィス家具が大量にあふれます。

今回家具を調達したのはこのような中古オフィス家具やさんで、
ネットで調べても結構いっぱいあるようです。

数10人の規模でも、うまくすればほとんどそろいでセットアップ
できますし、そもそもメーカー品の事務椅子は20年近く使っても
へこたれないようにできているので実用上、問題はありません。

うまく使うと、送料込みでも新品の6割引ぐらいで揃えることも可
能です。

電話機は交換機プラス子機8台でヤフオクで2万5千円で見つ
けました。プロパーだと30万以上しますので、セッティングを一
番最後に紹介した会社にお願いしても、トータルでかなり安くす
みました。

このようなオフィスセットアップ会社さんは、オフィス家具メーカー
に直結していて、カタログ落ちの新品(例えば一気に仕入れたけ
ど、数10セット残っていて、大手の企業のニーズにはこたえられ
ない半端品)をかなり激安で調達できたりするので、これも時期
によるかもしれませんがねらい目です。

以下にいくつか使ったところ、当たったところのリンクを置いてお
きます。

中古家具
http://www.raku1.co.jp/index.html
http://www.office-select.co.jp/

中古ではないですが、オフィスのセットアップを手伝ってくれる会社で
僕がお付き合いしているのはこの会社です。
(カタログ品の新品を安めに調達してくれました)
http://www.soritsucorporation.co.jp/

参考になれば幸いです。
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

<<  2006年4月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘