大きくする 標準 小さくする

2009年10月22日(木)更新

ANVIL

一番の趣味といえば音楽でしょうか?
バンドは高校2年から(受験勉強そっちのけ?)、レコード集めは中学
2年からと年季が入っています。

バンドはハードロック、ブルーズが中心ですが、聴く方は仕事場でクラシック
やジャズ、残業タイムはヘビーメタルからプログレ、ラップまで、もう雑多です。

この時期、色々なニュースで「ハロウィン特集」などと耳にしますが、その度に

「おっジャーマンスピードメタルか!」

と思ってしまいます。
すみません。単なるマニアックなボケですね。
しかしそんなギャグにしかとらえられないヘビーメタルですが、色々と聴けば
さまざまな世界観、味わい、感動もあります。
代々木の体育館に見に行ったジューダスプリーストや五反田簡易保険ホール
で見たアンスラックス、渋谷公会堂で見たメガデス、中野サンプラザで見た
ハロウィンやテスタメント。
もうほとんど宗教の集会のような一体感、そして音量。(笑)

何故このようなエントリーに至ったかというと、昨日見たテレビCMが原因です。
なんと、アンヴィルというメタルバンドのドキュメンタリー映画ができたというの
です。
http://www.uplink.co.jp/anvil/

見る前からなんですが、これは期待が高まります。
今までもヘビーメタルをネタにした映画は色々とありました。
スパイナルタップやスクールオブロック、日本でも最近のデトロイトメタルシティ
(小学生の娘と2人で見に行きました)。
でも、基本的にみんなフィクション、しかもどちらかというとコメディに近い。

アンヴィルはマニアックなB級(失礼)メタルバンドです。
しかし有名になれるバンドは本の一握りで、挫折や苦労だけで終わってしまう
多くのバンドがあるなかで、まだ名前と曲名が思い当たるほうだと思います。
そんな絶妙なポジションのバンドにフォーカスした映画。面白そうですね。
これは見に行くと思います。

僕は趣味の域ですが、いまだに一緒にハードロックが出来る仲間がいるのは
幸せです。
どこまで続けられるか、仕事同様、がんばります。

2009年10月21日(水)更新

嬉しいような悲しいお話

今年前半はビジネスにおいては本当に辛い時期でした。
弊社にとっても多くのお客さまから仕事の延期や中断を余儀なくされ、
事務所の縮小を行わざるを得ない状況でした。

やっと夏前から少しずつ復調の兆しが見えてきたというところでしょうか。
それでもまだ、何とかビジネスを続けさせてもらえているだけでも幸せ
なのかも知れません。

「まだ綱渡りだよ」

というと、友人には

「いやいや、綱の上にいられるだけ、まだマシなほうだよ」

と返されました。

事実、私の事務所があるのは青山の骨董通りの裏手なのですが、骨董
通り近辺は、夏ごろから路面店(ブティック、レストラン、美容室、ギャラリ
ー)の撤退がいまだに続いています。
また、オフィスビルやマンションにも小さな事務所が多く入っているのです
が歩きながら少し顔を上げると、これもまた確実に空き部屋が増えている
状況です。
話は変わりますが、実は近所に私にとってのオアシスがあるのです。
(本当はあまり教えたくないのですが・笑)
いわゆる美術書やデザイン関係の書籍、雑誌を中心に扱う「オヨヨ書林」
という古本屋さんです。
http://oyoyoshorin.shop-pro.jp/

昨年、根津から青山に移ってきました。

最近ここを覗いたら、すごいことになっていました。
と、いうのも、あまり見かけないような貴重なデザイン関係の書籍が床から
幾山も平積みになっているのです。

帰りがけに立ち寄って、おもわず何冊か取りおきをお願いしてしまいました。
しかも値段も安かったので驚きです。

これは推測の域ですが、残念ながら事務所の整理や移転を行った近所の
デザインオフィスから大量に出たものではないかと思います。
その事実を思えば、ちょっと悲しい話ですが、勝手に志を引き継ぐつもりで
引き取る決意(笑)をし、久しぶりにまとまった資料を買い込みました。
普段は夜中に海外のオークションなどで探っていたような資料(本)が手ご
ろな価格で買えたのはラッキーでした。

2009年10月20日(火)更新

近況報告

しばらくブログの更新が滞っていました。

Mixiでも友人が発言していましたが、TwitterやMixiボイスのような
気軽な情報発信や共有が進むとブログを書かなくなる、という傾向
があるのかもしれません。

いや、これは言い訳かもしれませんね。すでにうまく使い分けている
人もいますから。


ただ、この一月、新しいおもちゃ(iPhone)を購入し、Twitterをはじめ
いくつかの新しいコミュニケーションメディアを試しているところでした。

加えて今年の前半を取り戻す勢いで仕事をこなしているのと、秋の
セミナーシーズンが重なった、というのもあります。

(本当はもうひとつ、秘密プロジェクトが進んでいます)

おかげてIABCの日本チャプター関連のアクションが取れません。

ちょっと報告モードのエントリーになってしまいましたが、10月後半の
この2週間はある意味ピークかもしれません。
夜もセミナーや会合が続き、ほとんど埋まってる状況です。

夜家に帰るとリラックスしたいので、時間を作るには早起き&早出しか
ありません。

2009年10月08日(木)更新

名刺の可能性

仕事柄よく名刺をいただきます。

昨日はセミナーの懇親会があったのですが、ある自然保護団体の方から
いただいた名刺はなにやら裏がカラフル。

話を聞くとポスターの再利用なんだそうで、当たり前ですが一枚一枚絵柄
の部分が違うのです。

私がいただいたものは、裏がちょうどパンダの耳でした。
次の方がパンダの顔でしたから、おみくじで言えば「中吉」といったところで
しょうか。
いままで色々な方から色々な名刺をいただきましたが、レイアウトやデザイ
ン、文字のフォント、色などで受ける印象や信頼度がだいぶ違うことに気が
つきます。
そういう意味では非常にミニマルなコミュニケーションツールですが、アイデ
ィアにあふれています。

加えて最近は会社の名刺に加え、社会貢献やコミュニティに加わって独
の勉強会をやっている方など、「自分ブランド」で名刺を複数もつ方が増え
てきました。
ソーシャリティ(社交性)が高まってきていることの証左でしょう。
ミクシィやトウィッターなど、オンライン上の「ソサエティ」が増えてきている
ことも影響しているかもしれません。さまざまな「自分」を持てるようになって
きたのですね。

それでも「名刺」という旧来のコミュニケーションメディアが廃れず、そのミニ
マルなツールのデザインや表現に工夫をこらし楽しんでいる方を見ると嬉し
くなります。
赤外線で情報交換も良いのですが、ちいさな創造性(クリエイティビティ)を
発揮すれば、そこに沢山の情報(コンテキスト)を持てるのが名刺、といえる
かもしれません。

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

<<  2009年10月  >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘