大きくする 標準 小さくする

2009年04月30日(木)更新

「謎の1セント硬貨 真実は細部に宿るinUSA」 向井 万起男

謎の1セント硬貨 真実は細部に宿るinUSA
向井 万起男


mukaibook

ゴールデンウィークの読書にお勧めの本です。

例のユニークな髪型で「日本人初の女性宇宙飛行士である向井
千秋さんの印象を一発で抜いた」旦那さまの新作です。
アメリカを訪れるたびに感じる非常に素朴な疑問を、丁寧にひ
もといていくのですが、そのプロセスに感銘を受けます。
1.
まず、現地に行ってみる。
2.
そしてそこで出会う人に疑問をぶつけてみる。
3.
さらにインターネットで調べてみて、知見を集めて見る。
4.
自分の興味に一番引っかかるWebサイトに対し、率直な質問メールを
ぶつけてみる。
5.
その返事から自分なりの答を見いだしてみる。

テレビが急激に普及した時期(私の成長期)には日がなテレビを見ていて
思考停止に陥ると親に揶揄されたものですが、現代におけるネットも同じ
かも知れません。
いつでもたくさんの情報が得られて世界が変わったとすら言われています
が向井さんのアプローチで言えば、殆どの人がやっているのは上記の「3」
のみなのかもしれません。

向井さんの本には圧倒的な「共感」と「感動」があります。
それは「1~5」のプロセスをきちんとたどって自分なりの結論を見いだし
ているからかもしれません。

多くの企業コミュニケーションはまだまだ「情報」を提供しているだけに過ぎず、
「検索」によって得た「知識」は明日にはまたすぐに忘却の彼方へと押し
流されていくのでしょう。

仕事や講演、セミナーなどで知り合う企業や団体の方のお話を聞いていると
その企業や団体ごとにユニークな魅力やアイディア、社会的価値をたくさん
感じます。そしてそこに関わる方々の姿勢や努力に共感し、感動します。
本当は別にWebでなくても良いのだけれど、なんとかそれらの良い事を、
良く伝えたい、と思います。わたし自身が企業コミュニケーションやPRの
仕事が好きな理由はそんなところにありますし、オンラインに注力するのは
経験を活かせるからにすぎないのかもしれません。

前回のエントリーでは「Webリニューアルをやめろ」と書きましたが、それは
コミュニケーションのアプローチがツールに頼ってインスタントに片寄り過ぎ
ている場合が多いからなのです。
自分たちが大事にしている価値はなんだろうか?それをどう伝えたらいいのか?
向井さんほどまでに、とは言いませんが、しっかり咀嚼する癖を取り戻すため
にも「考える楽しさ」や「伝える楽しさ」を読んでみて下さい。

きっと何かヒントを得られるはずです。

2009年04月28日(火)更新

なぜ「Webリニューアルをやめろ」というのか?

多く企業で広報やマーケティングのコスト削減、活動自粛が余儀なくされて
いる昨今ですから、いまさらそんなこといわれなくても「今はリニューアルな
んかしないよ」と言われそうです。

しかし実際には市況に関わらず(いや、まさに市況の影響で)、会社としての
指針や方向が変化したり、リストラを実施したり、他社とM&A(合併と買収)
が起きたりと、急激な変化からWebを見直さなければならない、という企業も
出てきているのです。

そんななかで「何らかの方策を打たなければならないのはやまやまだけど、
どのように考えていけばよいのか?」と相談をいただくことが増えてきました。
実際には「ビジネス戦略」に基づいた「コミュニケーション戦略」から「Web戦略」
と実現可能なステップへの落とし込みを行っていけばよいのかもしれませんが
それは「平時」の考え方で、今はその余裕がない、というのが正直なところでは
ないでしょうか。(事実そういわれます)
そもそも、今までは「Webリニューアル戦略」といっても担当者の実務に落とし
込みが出来ていないことが多いために「作っておしまい→3年で飽きてリニュー
アル」を繰り返すパターンが多いのです。

私自身が企業広報担当者だった手前、相談をいただくご担当者と同じ視点で
考えることを旨としてみてみると、やはり性急に「Webリニューアル」をすること
は、いまは良策だとは思えないのです。
(投下コストに対し、リスクが高すぎます)

そうであれば、一度今まで10年近く無作為に積み上げてきた自社Webサイトの
「リセット」もかねて、基本となる会社のメッセージのみに拘泥し、「とりあえず体
裁を整えるために全体を作り上げること」はやめ、担当者の実務に根ざした優先
すべきところに集中して見直してみるのも得策です。

「優先すべき実務って何だ?」と聞かれると、それはその企業や団体によって
それぞれだとは思うのですが、オンラインメディアリレーションやCSR、海外対応、
そして一番多いのが社内コミュニケーションの見直しなどです。

ぎりぎりのタイミングで制作会社さんに丸投げするのではなく、考える猶予が
ある今だからこそ、少しずつ自分の手元で解決していけば、結果的に全体を見
直すときの強固な指針となりえるのです。(少しでも自分で解決しているから
腑に落ちている=会社の考えと合致している)


以前にも以下のようなエントリーを投げかけたことがありました。

「作って終わり」のリニューアルにしないために

大企業のウェブはなぜつまらないのか

何かピンと来るものがあればお気軽にご相談いただければうれしいです。
http://www.crossmedia.co.jp/inquiry/



*ちなみに弊社のWebサイトは、より具体的でわかりやすいコミュニケーションを目指し
 1999年以来、4度目のフルリニューアルを実施中です。これは実務の見直し=すべて
 だからです。

2009年04月21日(火)更新

最新鋭献血ルーム@渋谷

昨年アメリカではES細胞を使って赤血球の生成に成功し人工血液の開発に
一歩近づいたというニュースを読みました。

ですが現実にはまだ毎日相当数の手術が行われ、そこで必要な血液は当た
り前ですが献血で賄われています。

赤十字の統計を見ると、年間の献血者数や献血量は若干ですが下降傾向に
あるようです。
私が献血をするようになったのは40才を過ぎてからで、きっかけはこの4~5
年、札幌や福岡、大阪など、東京圏以外での「セミナー」や「コンサルティング」
の仕事がふえたことです。
交通の便がよくなり、日帰りでも仕事ができるようになったとはいえ、万が一
天候や事故で遅延や不通になることを考えると時間ぎりぎりに到着、という
わけにはいきません。
体調を整える意味でも、できるだけ最低2時間以上は余裕を持って到着できる
ように心がけています。(昨年は夏に大雨が降り、富士川手前で新幹線が2時
間止まり大阪の会場到着が開始10分前!ということで冷や汗をかきました)

運良く時間通りに到着すると普段は古本屋や趣味の中古CDショップなどを
覗いていたのですが、ふと駅前の献血車が目に止まり、やってみようと立ち寄
ったのがきっかけです。
せっかく東京圏以外のお客様とご縁をいただいたのだから、わずかでもその地
に還元(貢献)できればという思いもありました。

以来、私の献血手帳は地方の記録ばかりだったのですが、この週末、渋谷の
画材屋に事務所で使うタックフィルムを買いに出かけたとき献血を呼びかける
センターの方が目に止まり、そういえば東京ではいったことがないなあと入って
みたところ、あまりにきれいな施設にびっくりしました。

飲み物、軽食の類は当たり前なのかもしれませんが、ゆったりできるソファに雑
誌や日によっては占いまで受けられると言うサービスの充実ぶりです。

http://www.tokyo.bc.jrc.or.jp/rooms/roomhp/room14.html

施設のみならず対応する受付担当の方や看護士のコミュニケーションもとても
気持ちのよいものでした。きっとしっかりとしたコミュニケーショントレーニングを受
けていらっしゃるのでしょう。

「福岡からいらっしゃったんですか?」と聞かれ事情を説明すると興味を持ってい
ただき、

「地方にも(当然)きちんとしたルームもあるので次回はそちらに立ち寄って欲しい」

「若い世代も意識が高く協力的な人は多いのだが、タトゥーやピアス、不特定の
相手との性交渉、など、結構条件が厳しいので臆する人も多いのが残念」

「女性は男性より献血できる条件(体調や血液成分のコンディションの幅)が狭く
せっかく来ていただいても献血していただけないこともある」

など、色々と興味深いお話を聞きました。

幸い、私の血液のデータはほぼ標準値でとてもバランスが良いとお褒めをいただ
きましたが、小休憩をかねて、あつかましくもお茶とドーナツをいっぱいいただき、
雑誌を眺めて事務所に戻りました。
ネットカフェのようなところはいったことがありませんし、最近一人の時間もなか
なか取れないのが実情ではありますが、ちょっとした貢献で無料であれだけ居心
地の良いところがあるのはちょっと貴重です。

2009年04月15日(水)更新

4月9日、日本PR協会・定例研究会:時事通信社編集委員 湯川鶴章さん

先週9日は日本PR協会の第110回定例研究会として時事通信社の
湯川さん
による

「コミュニケーション・ボーダレス時代の戦略的ネット広報」
という講演を拝聴しに行ってきました。

少し遅れて会場入りすると、ご本人から
「雨宮さんいらっしゃるんじゃないかなと思っていました」
とご本人からお声掛けをいただきました。

いつもながらのスピーディーで的を得たプレゼンテーションはややも
すると会場に集まったかなりの数の「デジタルイミグラント(パソコ
ンやインターネット、携帯電話などのデジタルツールが一般的でない
時代に生まれ育った世代。対称語は「デジタルネイティブ」)にとっ
ては実感できないこともあったのでは?とご本人も危惧されていらっ
しゃいましたが、表層的な時代の変化よりも、その意味するところに
きちんと軸をおいて話をされているので、多くの方が溜飲を下げられ
たのではないかと見受けました。

やはり海外の事例を多く見られている湯川さんらしく、メッセージは
簡潔でした。

すなわち

「積極的に情報のやりとり(単なる発信ではなく対応するコミュニケ
ーション)をする以外に企業が信頼関係を築く方法はない」

「広報担当者のみならずその会社で働くすべての人が社会(この上位
概念の理解が大事)と会社の一員としての責任と自覚を持ち、透明性
のある企業風土を体現する」

「”21世紀の三河屋”がごとく企業には社内外のステークホルダーに
対するきめ細かな対応が必須となる」


というものです。

集まった多くのの企業広報担当者、マネージャに対し、

「ゆで蛙になるのか、それともこの変革期をチャンスと捉えるか。そ
れは皆さんの選択だが、間違いなくコミュニケーション力は企業の競
争力の源泉となる。そのためにも現状の組織の縦割りを打破し、”コミ
ュニケーション部”として企業の心臓機能を担って欲しい」

と結んでいました。

2009年04月14日(火)更新

お詫びとお知らせ

不定期ではありますが、今までお仕事やセミナー、講演などを通じて
ご挨拶差し上げた方々に、メールにて情報提供(メールマガジン)を
実施しておりましたが、一部の方に対し
「受信同意のない宛先に対する配信行為」
という不適切な方法での配信がありました。

今後は、今回の事態を厳粛に受け止め、再発防止に努めるとともに、
より一層管理体制の強化と信頼回復に取り組む所存です。

http://www.crossmedia.co.jp/


平成21年4月14日
クロスメディア・コミュニケーションズ株式会社
代表取締役社長 雨宮 和弘


2009年04月07日(火)更新

今年も6月7日より、サンフランシスコで開催のIABCコンファレンスに参加します!

 IABC( International Association of Business Communicators )は40年近
い歴史のある企業コミュニケーションプロフェッショナルの職能団体です。
年1回開かれるコンファレンスは世界中から2000人近い参加者が集まり、コ
ミュニケーションリーダーシップやマネジメント、社内コミュニケーション、ブ
ランドコミュニケーション、パブリックリレーション、コミュニケーション戦略
などのテーマで4日間、100近いセッションで話し合われます。

iabcconf2009

 興味深い点は「広報」「宣伝」「マーケ」「人事」というように部署や職能単
位のトピックで話をするのではなく「変革」や「コミュニケーションマネジメン
ト」「オンライン」「ブランド」「人材育成」「信頼構築」など、目的に沿った
内容を、職能を超えて企業コミュニケーションに関わる人々が意見交換するとこ
ろにあります。

 グローバルな視点での広報のあり方のみならず、今、ウェブの活用を中心に急
速に変化する企業コミュニケーションの仕事にどのように取り組めば良いか、そ
のヒントを探るには格好(日本には同類のコンファレンスや勉強会は見当たりま
せん)の機会です。
 最近では「宣伝費をネット広報にまわせ」という本も出ていますが、こういう
時勢だからこそワンショットの広告やイベントドリブンなマーケティングよりも
継続的に企業信用の醸成やブランド構築につなげることのできる広報、特にその
なかでもウェブサイトの有効活用がキーになるのです。さらに、いきなりウェブ
をリニューアルしたりイントラを構築するのではなく、それらを利用して会社や
組織として何をすべきか、その中で担当である自分自身がどんな活動をしていけ
ば会社に貢献できるのか、キャリアを積んでいけるのか、考えるチャンスでもあ
ります。昨年現地でお会いした世界中から集まった数多くのコミュニケーターは、
皆そのような同じ思いを持っていました。

 基本的にはすべて英語で実施され、通訳などのサービスはありませんし、私は
ツアーコーディネータではなく、あくまで一緒に勉強しに行く立場ですが、国際
的なコミュニケーターとのコネクションづくりと参加のためのアドバイスやサポ
ートは惜しみません。昨年の私の参加レポートや紹介セミナーを見て、今年はす
でに複数の企業の方が同行を表明してくださっています。ご興味のある方は弊社
の問い合わせページ
、もしくはお気軽にお電話ください。→ 03-6418-0336
詳しくご説明差し上げます。


昨年の参加記は以下のブログエントリーをご参照ください。

http://crossmedia.keikai.topblog.jp/blog/100/10009854.html
http://crossmedia.keikai.topblog.jp/blog/100/10010009.html
http://crossmedia.keikai.topblog.jp/blog/100/10010010.html
http://crossmedia.keikai.topblog.jp/blog/10010052.html
http://crossmedia.keikai.topblog.jp/blog/100/10010066.html
http://crossmedia.keikai.topblog.jp/blog/100/10010091.html
http://crossmedia.keikai.topblog.jp/blog/100/10010113.html

2009年04月07日(火)更新

記憶に残るコミュニケーション

 毎年4月の第1週のクリッピングは日本経済新聞や日経産業、日経流通各紙に
発表される、各企業の入社式における社長訓示です。
これも毎年続けているとコミュニケーショントレンドが見られてとても興味深い
ものがあります。企業不祥事が続出した年は倫理観の引き締め、企業合併や業界
再編が盛んだった年は柔軟性や適応性、そしてプロフェッショナル意識を持て、
というようなメッセージが多く見受けられました。そしてここ2年ほどは業界を
問わず「コミュニケーションの重要性」を取り上げていたのが特徴です。

 今年の各大手企業の社長訓示のテーマは、市況の流れから「危機の捉え方」に
関するものがほとんどでした。

いくつか取り上げてみると、

「難局を乗り切るために意欲的に挑戦する社員には協力を惜しまない(大成建設)」
「現状維持では破滅、との問題意識で挑戦と創造に努力する(三井物産)」
「嵐を生き抜き、強固で身軽な体質に変革しなければならない(ソニー)」
「試練は次代に飛躍するチャンス。苦境で人は磨かれる(三菱マテリアル)」

といった具合です。
その中でも他社とは少し違い特徴的だったのがエーザイの内藤晴夫社長がおっし
ゃった、

「患者と家族の喜怒哀楽を考え、そのベネフィット向上に貢献するのが理念。
そのための組織やプロセスの転換を図っている。新人の皆さんは患者や生活者の
潜在的な欲求を共有し、その願いを実現することを志して欲しい」

というコメントでした。
上記のコメントも記事の要約ですが、短いセンテンスの中に社員が具体的に想像
し、行動に移しやすい「思い」がしっかり詰まっています。きっと、とてもコミ
ュニケーションに長けた社長さんなのでしょう。(ウェブサイトを拝見しても、
そのあたりが伝わってきます)


 トップのスピーチは社長自身が考える場合と広報で用意する場合があると思い
ます。いずれにしても忘れられがちなのは「その後」。すなわちその内容を租借
し、現場レベルに落としていく作業です。もちろんそれは企業広報などコミュニ
ケーションに関わる部門の担当者の仕事なのですが、意外に忘れられている場合
が少なくありません。この時期の社内報や社内コミュニケーションのテーマとし
て単に入社式の写真やコメントを掲載・伝達するだけでなく、このようなところ
から始められれば、せっかくの社長のコメントが一過性のものにならず、社員の
心へと根付いていくことでしょう。

===============================================================
クロスメディア・コミュニケーションズのアドバイザリーサービスをご利用ください!

 オンラインPR施策や自社ウェブサイトの改善・リニューアルなど
「手を入れたいと思うところはたくさんあるのに、どこからどうやって手を付け
てよいのか分からない・・・」というようなケース、企業広報経験を持ち、長年
企業ウェブ制作・運営管理に携わってきたクロスメディア・コミュニケーション
ズがアドバイザーとして解決のお手伝いをさせて頂きます。
詳細なインタビューを元に、課題→目的→目標値選定など、制作から運用フェー
ズに至る前に自社で明確にしておくことが、プロジェクトを成功に導きます。
 定期ミーティングをベースに、電話・電子メールによるヘルプデスク対応が可
能です。期間も短期集中から長期に渡るプロジェクトサポート型まで、御社の
ニーズに合った組み立てが可能です。
(ワンショット10万円から実施可能です)
詳しくはお問い合わせください Tel: 03-6418-0336
===============================================================

2009年04月06日(月)更新

「経済広報 2009年4月号 No.356」に掲載されました

繰り返しですが、先にもお伝えした2月の経済広報センターのセミナーの内容は
センターの会報誌「経済広報356号」にて、なんと巻頭4ページに渡り、お世話
になった国内広報部主任研究員の子安さんより紹介をいただきました。

keizaikoho356←詳しくはクリック

同日ご一緒した東京海上日動火災保険の広報グループ、宮内敦夫さんのプレゼ
ンテーションの内容も紹介されています。東京会場日動さんではコーポレートサイ
トにも様々な工夫が施されており、「トータルアシスト」のテーマに基づいたインタ
ラクティブなコンテンツに加え、消費者啓発やキッズ向け、CSR的なコミュニティコ
ンテンツなど、とてもバランスよく、内容も充実しています。
じかにお話を伺って強く感じたことは、ウェブサイトが「継続していくことで信頼
を築くメディアだ」ということを会社が良く理解している、ということでした。
「広告と比べても、ウェブは全体コストがかからない上に費用対効果が高いので
予算を削るようなことはしない」ともおっしゃっていました。会社としてここまで見切
っていらっしゃると、ご担当者としても仕事のやりがいも相当高いでしょう。
非常に闊達にお話されている姿が印象的でした。

基本的には定期購読いただく冊子ですが、安価で内容の濃いハンディな機関誌
です。ぜひ手に取る機会を持ってみてください。弊社ご訪問の際には積年のバック
ナンバーがそろっております。

http://www.kkc.or.jp/pub/period/keizaikoho/index.html

2009年04月04日(土)更新

ものを創るこころ、伝える心

大学の同期生に石嶋眞理さんがいます。
彼女はテキスタイル(織・染色)大学卒業後、郷里の結城市にもどり、
そこで伝統工芸士のだんな様と知り合い、結城紬の研究と継承に携わる
ことになりました。

大学時代は現代的な女性でしたが、いつからか会うときはいつも着物、そ
れもとても似合うように(専門家に失礼ですが)なっていました。

毎年のように東京でイベントを実施されていますが、今回は私の事務所
にも近い青山表参道のギャラリーでの開催と聞き、昨晩オープニングに参
加してきました。

yuki_mari
私自身は着物には造詣は深くありませんが、ひとときレセプションにご一緒
させていただき、多くの着物関係の方やファンの方に囲まれた眞理さんやだ
んな様がその魅力をとても楽しそうに伝える所作に引き込まれました。

陶芸や他の伝統工芸もそうですが、ものを創るこころだけでなく、それを伝え
るこころの強さが大事なのだと強く感じ、夜桜の道を戻りました。

イベントは来週7日の火曜日まで開かれています。
ご興味のある方はぜひ。

また、このイベントにあわせて石嶋さんは「結城紬 着る作る知る」という本
も出されました。
今までも結城紬の技術的な本は出ていましたが、手触りや着心地など、使う
側の視点で書かれた本はありませんでした。これも彼女の「伝える心」の
結晶だと思います。

yuki_book←クリックで買えます。


==========================================================
「結城紬_梢遥2009」本場結城紬
4/3(金)-4/7(火)開催

LAPIN ET HALOT(ラパン・エ・アロ)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-44-2
TEL:03-5469-2570 FAX:03-5468-9357
受付時間:月曜日~水曜日、金曜日 12:00~19:00
http://www.lapin-et.com/

http://www.yufukiya.com/
トップのフラッシュをスキップして右下の「今月のお知らせ」から「展示即売会」
を押してみてください。詳細情報が見られます。
==========================================================

2009年04月02日(木)更新

「広報会議」5月号に2月の経済広報センターフォーラムのレポートが掲載

4月1日発売の宣伝会議「広報会議」誌136ページに、2月16-17日に
御殿場の日本経団連研修センターで実施された「経済広報センターフォー
ラム:インターネット次代の企業広報」セミナーの様子がレポートされていま
す。ご参照ください。

kohokaigi200905

http://www.sendenkaigi.com/hanbai/magazine/kouhoukaigi/
また、この号では複数の友人・知人が取り上げられています。

最初の「新任広報の10に基本」の特集では、いつも私のセミナーに参加し
てくださる、日本ケロッグの広報室長で、栄養学博士、日本PR協会認定PR
プランナーでもある井出留美さんが普段持ち歩く7つ道具やデスク周りの整
理のコツなどを詳しく紹介されています。

この時期は日本PR協会でも「新人広報担当者のためのトレーニングセミナ
ー」
を実施しますし、まさにタイムリーでわかりやすい特集ではないでしょう
か。

「海外PRの実践テクニック」の特集では、ニュースワイヤサービスのトップ企
業のひとつ、ビジネスワイヤー・ジャパンの輿水さん、櫛田さんが「海外メディ
アの最前線」と題し、ウェブや紙媒体のメディアについて欧米のみならずアジ
ア、中東もカバーしてそれらの特徴を詳しく紹介しています。

以前のエントリーでも「ジャパンミッシング」と書きましたが、日本企業の海外
での認知や信頼構築はまだまだ手薄だと思います。
多くの日本企業の海外向けのウェブサイトをみると、まだまだアニュアルや
会社案内の英語版の情報を列記しているのみ、というところも少なくありま
せん。

「広報会議」誌は旧「PRIR」から誌名変更を受けて以来、内容の充実が進み
読みやすく、且つ内容が充実しています。
今まではなかなかなかったことですが、社会や企業の中で「広報」の認知や
重要度が増してきた現われだと思います。

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

<<  2009年4月  >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘