大きくする 標準 小さくする

2009年09月28日(月)更新

世の中を変える力

先週の連休は「里山を元気にして地域と環境を再生しよう」とロハス村
建設を計画中の大月の友人にさそわれ、「ツリーハウスを作ろう」とい
うイベントに参加してきました。
http://www2u.biglobe.ne.jp/~vivis/okabekougyousyo/info.html

事前に聞いていた事ですが、里山再生の第一歩としてすでに山の中腹に
巨大なステージを作っていて、彼女はそこでヨガレッスンなども始めて
いるようです。
前日(月曜日)の午後に東京を出て、連休渋滞を避けて無事、大月着。
この日は彼らの家にも多数のゲストが集まるため、彼らの友人の地元
の方が「趣味でやっている」庭先のキャンプヤード(といってもログ
ハウスと囲炉裏つき)でバーベキュー、そして宿泊施設に泊めていた
だきました。
(この方はこのログハウスとは別に自分の家の脇の山肌にツリーハウ
スも持っている!)

一応バーベキューの材料も調達して行ったのですが
「そんなもん喰うな」
と採れたてのイワナを焼いてくれました。

さて、翌朝いつもの岡部鉄工所にあつまり、国道を渡って直ぐの
里山に登りました。約15分ですが、上がりかまちは直登で、息が
あがります。

しかし見えてきたステージははるかに予想を超える大きさ。
ちょっとしたコンサートぐらい出来る広さがあります。
もちろんプロが作っているのでしっかりしたものです。

logstage01

ツリーハウスは数名の職人(プロ)とボランティアだけで10時に
始めてものの4時間で8割がた出来てしまいました。すばやい。

log02

log03

log04

log05

log06

その間、エコクッキング(太陽光発熱)の実験工作もあり、
まわりの雑木林で栗拾いをしたり、子供達も大満足でした。

当日はログハウス関連の雑誌の取材も来ていましたし、数多くの
地元林業従事者、山をお持ちの方、環境関連のNPOの方などが
集まっていて、これをきっかけに里山全体の有効活用のために
これからさまざまな施設や畑を作ったりするために地図を広げ、
話がどんどん進んでいくのが感動的でした。

山の中にこんなに大きなステージを作ること自体ありえないこと
なのに、思いがつながるだけでどんどん形になっていく。
このようなポジティブな力が世の中を変えていくんだな、と実感
しました。

子供は昆虫採集を目当てにしていましたが時すでに遅し。
かわりに小粒ですが栗をいっぱい拾っていました。
連休最終日はその栗で栗ご飯を作りましたが、甘みは少ないもの
の立派な栗ご飯ができました。子供にとっては、まだ拾った木の
実で食べられるものができるのが不思議なようでした。

佐々木さん、
いつもどおり、素敵なひとときをありがとうございました。
来年はキャンプにも行けそうで楽しみです。

2009年09月18日(金)更新

コミュニケーションメディアの可能性

しばらくブログの更新が滞っていました。

言い訳ではないのですが、その間にやっていたことは、主に新しいコミュニケ
ーションメディアの可能性についての考察です。
特にTwitterを使い始めています。

Twitterの可能性、特に企業における利用価値はどんなところにあるのだろう?
と考えると、ほぼ同時にそのようなエントリーや記事リンクが上がり、その連鎖
が見えると面白いのに、と考えると効果を可視化する技術が発表されたり。
まさに同時進行を感じます。

僕自身が面白いな、と感じるのは他のソーシャルメディアよりも濃い人間関係
のシンクロナイゼーション(同期性)が見えることで、4次元的というか、コンテン
ツ(発言)に「何故今なのか?」という意味が加わることで140文字をはるかに
越える情報が伝わってくるからです。
「仕掛け」としてどうビジネスに使うのか、はあまり興味がない(というか皆さんが
考えているのですぐ良いサービスがいっぱい出てくるでしょう)のですが、コミュ
ニケーションとして捉えたときの新しい価値を感じます。

「どうなの?」と人に聞くより、ぬるく始めて感じを掴むほうがよくわかると思いま
す。

さて、もうひとつ。
この間に見ていたのは企業コミュニケーションにおける動画「Corporate Movie」
の可能性です。

ちょうど秋のセミナーシーズンが始まるのでレジメの見直しをしていた経緯もあり
ますが新し久、興味深いものがいっぱい見つかりました。

今日は連休前ということもあるので新旧、いくつかご紹介しましょう。


一般的な企業紹介ではシスコシステムズはCGを取り入れてうまくまとめています。
http://www.youtube.com/watch?v=8a9b3V8UztQ

日本企業では会社のキーメッセージ「水」をテーマにサントリーがきれいな映像を
作っています。「水と生きる」
http://www.suntory.co.jp/company/mizu/advertising/index.html

海外では数年前に日立USAが日本企業としては出色のできのコーポレートフィル
ムを作っていました。
http://www.hitachi.us/truestories/

今は切り替えて無くなってしまいましたが最初のバージョンの映像が特に気に入っ
ていました。(以下)ユーチューブ様様ですね。
http://www.youtube.com/watch?v=VbKaVGXUOnA

ヨーロッパのダウケミカルは「Human Element」という社内外を通したコミュニケーシ
ョンキャンペーンを実施しました。これも見ごたえがあります。
http://www.dow.com/hu/


上記のダウもそうですが、ヨーロッパはBtoB系の企業のほうがこのような品質の高
い映像を積極的に作っている気がします。BASFも負けていません。
BASF
http://www.tvservice.basf.com/en/tv-service.html


残念なのは数年前まで富士フイルムがやっていた「Earth from above」などのフラッ
シュコンテンツがみられなくなってしまったことです。
富士フイルムらしい、「映像技術」だけでなく「情感」に訴える表現を味わえたので
ちょっともったいない気がしました。

皆さんのオススメの企業映像(コーポレートムービー)があればぜひ教えてください。

2009年09月04日(金)更新

自転車に乗って

エコの余波か?健康志向か?
最近なんだか自転車を取り巻く話題が多くなって来ているような気がします。

私自身はよく考えてみると20代以降、自転車を手放したことがありません。
以前も書いたことがあるのですが、20代の後半に飽食を重ね、先輩に

「このまま30代になったらその腹は戻らなくなる」

と指摘されるまでに至りました。
一念発起、(しかも極端ですが)かなりマニアックな自転車ショップに行き、
いきなりセミカスタムのロードレーサーをオーダーで作り、夜な夜な環八を
かなりのスピードで巡航したり、表参道までの通勤に使ったりしていました。

もうかれこれ20年前ですから、今思うとかなりブームを先取りしていた(笑)
と思います。

実際、この効果は絶大で、腹筋、背筋の強化とともに腹回りの脂肪はほとんど
なくなり、数年ぶりに腹筋のブロックが見えるようになりました。

結婚後は緩やかに戻ってしまいましたが10年前に独立したとき、都内営業
用にと、これまた奮発してアメリカ製の手作りフレームのATBを買いました。
これは今でも天気がよければ顧客訪問の際にも乗ったりしています。

変化に気がついたのは自転車やさんの風景です。
自転車やさんを覗くこと自体久しぶりだったのですが、先日訪れた代官山の
F.I.Gバイクはそれぞれの自転車の機能や性能のみならず、「色」や「素材
感」までがうまくアピールされていて、ブティックのようでした。
しかも値段が一昔前に比べてもかなりこなれているのに驚きました。

http://figbike.com/

他にもこんな自転車やさんが目に付きました。

http://www.tokyobike.com/

http://www.southbaybicycle.com/

http://www.cyclesquare.com/
ここはカフェでレンタルもできます。

さらにお客様の会社に立ち寄る途中で見つけたのが、ここ。
http://www.cycly.co.jp/branch/tokyoyoyogi.asp

すでに中古のマーケットもできているんですね。
有名な海外メーカーの自転車でもかなり手ごろな価格で手に入りますし
もちろんその場でカスタマイズや整備も可能です。

ちょっとのお小遣いでかなりおしゃれな自転車が組めるので、とっても危険な
(誘惑が多い)お店ばかりです。意志の弱い方は近寄らないほうが良いかも
しれません。

季節的にはちょっと離れた公園まで、自転車はぴったりですね。

2009年09月02日(水)更新

これから本格的なセミナーシーズン

9月の声を聞くと、私もあわただしくなってきます。
やはり9、10、と秋のセミナーシーズンに突入するからです。

一般的なオープンセミナーのみならず、企業や団体からの嘱託で
その企業・団体に出向いて実施するセミナーや講演は8月から
進めています。

そういう意味では景気の低迷に沈静化していた企業の活動(特に
広報コミュニケーション関連)も盛り返す兆しが見えてきた、という
ことも言えるかもしれません。とても嬉しいことです。
私の場合、複数回連続のシリーズの広報関連セミナーのうち
2~5回、オンライン系のお話をする、ということが多いのですが、
現在開始前でまだ多少の残席がある(と思われる)ものは以下の
宣伝会議の「インターネット広報講座」です。

http://www.sendenkaigi.com/kyoiku/net-pr/

これは毎年ほぼ満員で、昨年より年2回実施となりました。

実践的な内容が多いだけでなく、多くの同じ悩みを持った担当者が
集まるので、ワークショップや懇親会を通してそのネットワークや経
験値の共有ができるのも大きなメリットです。

企業からの嘱託では早いもので来年の1月実施のお誘いもいただい
ています。

個人的には東京圏以外の企業の方からのお問い合わせが多いので
大阪や名古屋、福岡など、機会があれば何社か束ねてセミナーや
ワークショップ、相談会のようなものができれば、とも考えています。
(1社負担は確実に少なくなり、実施しやすくなります)
もしご興味があり、数社束ねて一緒に話を聞きたい、という企業や団
体があれば、ぜひご連絡ください。日程、内容ともによりニーズに有っ
た形に調整いたします。

また、昨年同様、今年のIABCの振り返りセミナーも実施したいと
考えています。ぜひこちらもよろしくお願いします。

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

<<  2009年9月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘