大きくする 標準 小さくする
次ページ

2010年01月11日(月)更新

カルレイネン・プロジェクト「不平の合唱団」

昨日は娘のバレエのレッスンの帰り、そのまま六本木ヒルズに向かい
家族で森美術館の「医学と芸術展」を見てきました。

医学はもちろん命を救うためのものですが、その探求の中に生まれた
研究資料、写真、機材、道具、すべてが「芸術性」を帯びるまでに昇華
されている事が実感できる、特異で興味深い展覧会でした。

子供たちには少し刺激の強い展示もありましたが、ひゃーひゃー言いな
がらも割と飽きずに見ていたほうだと思います。
(今まで一番こらえしょうがなかったのは上野で行われた唐招提寺展で
ゆっくり東山魁夷の屏風絵を見たかったのですが15分でアウトでした)

実は今回の展示は出口の脇におおきなプロジェクションルームがあり、
別の企画展が行われていたのです。
それが表題の「MAMプロジェクト:テレルヴォ・カルレイネンとオリヴァー・
コフタ=カルレイネンの”不平の合唱団”」
でした。

世界各地で地元の一般市民を集め、彼らに日常の不平不満をその地元
らしい楽器とアレンジで合唱曲にし、大声で歌う姿をビデオで捉える、とい
うプロジェクトです。

mam10

ひとつの国に対し、約10分足らずのドキュメンタリータッチの映像ですが、
それぞれのお国柄が出ていて、とても楽しかったです。子供は床に転が
って笑ってみていました。

ヘルシンキ、サンクトペレルブルグ(旧レニングラード)、ハンブルグ、
シンガポール、シカゴ、加えて日本の合唱を見ることが出来ます。

下記のサイトではビデオが見られます。
http://www.complaintschoir.org/choirs.html

英語のキャプションがあるのである程度は理解できると思いますが、森美
術館に行けば全て日本語字幕、および日本での合唱が見られます。

風刺は民衆パワーの源泉であることが再認識できます。

「医学と芸術展」はオマケで、この展示とスカイデッキからの東京夜景で
1500円でも高くないと思います。

もうひとつ!
森美術館に「年間パスポート」が出来ました。
1年間5000円で美術展と東京シティビュー、スカイデッキ、マドラウンジに
何度でもご入館可能になります。(ミュージアムショップも5%引き)
決して森美術館の回し者ではありませんが、格安だと思います。
さっそく今回から買って利用することにしました。
(同伴者も値引きになります)

2009年09月04日(金)更新

自転車に乗って

エコの余波か?健康志向か?
最近なんだか自転車を取り巻く話題が多くなって来ているような気がします。

私自身はよく考えてみると20代以降、自転車を手放したことがありません。
以前も書いたことがあるのですが、20代の後半に飽食を重ね、先輩に

「このまま30代になったらその腹は戻らなくなる」

と指摘されるまでに至りました。
一念発起、(しかも極端ですが)かなりマニアックな自転車ショップに行き、
いきなりセミカスタムのロードレーサーをオーダーで作り、夜な夜な環八を
かなりのスピードで巡航したり、表参道までの通勤に使ったりしていました。

もうかれこれ20年前ですから、今思うとかなりブームを先取りしていた(笑)
と思います。

実際、この効果は絶大で、腹筋、背筋の強化とともに腹回りの脂肪はほとんど
なくなり、数年ぶりに腹筋のブロックが見えるようになりました。

結婚後は緩やかに戻ってしまいましたが10年前に独立したとき、都内営業
用にと、これまた奮発してアメリカ製の手作りフレームのATBを買いました。
これは今でも天気がよければ顧客訪問の際にも乗ったりしています。

変化に気がついたのは自転車やさんの風景です。
自転車やさんを覗くこと自体久しぶりだったのですが、先日訪れた代官山の
F.I.Gバイクはそれぞれの自転車の機能や性能のみならず、「色」や「素材
感」までがうまくアピールされていて、ブティックのようでした。
しかも値段が一昔前に比べてもかなりこなれているのに驚きました。

http://figbike.com/

他にもこんな自転車やさんが目に付きました。

http://www.tokyobike.com/

http://www.southbaybicycle.com/

http://www.cyclesquare.com/
ここはカフェでレンタルもできます。

さらにお客様の会社に立ち寄る途中で見つけたのが、ここ。
http://www.cycly.co.jp/branch/tokyoyoyogi.asp

すでに中古のマーケットもできているんですね。
有名な海外メーカーの自転車でもかなり手ごろな価格で手に入りますし
もちろんその場でカスタマイズや整備も可能です。

ちょっとのお小遣いでかなりおしゃれな自転車が組めるので、とっても危険な
(誘惑が多い)お店ばかりです。意志の弱い方は近寄らないほうが良いかも
しれません。

季節的にはちょっと離れた公園まで、自転車はぴったりですね。

2009年04月04日(土)更新

ものを創るこころ、伝える心

大学の同期生に石嶋眞理さんがいます。
彼女はテキスタイル(織・染色)大学卒業後、郷里の結城市にもどり、
そこで伝統工芸士のだんな様と知り合い、結城紬の研究と継承に携わる
ことになりました。

大学時代は現代的な女性でしたが、いつからか会うときはいつも着物、そ
れもとても似合うように(専門家に失礼ですが)なっていました。

毎年のように東京でイベントを実施されていますが、今回は私の事務所
にも近い青山表参道のギャラリーでの開催と聞き、昨晩オープニングに参
加してきました。

yuki_mari
私自身は着物には造詣は深くありませんが、ひとときレセプションにご一緒
させていただき、多くの着物関係の方やファンの方に囲まれた眞理さんやだ
んな様がその魅力をとても楽しそうに伝える所作に引き込まれました。

陶芸や他の伝統工芸もそうですが、ものを創るこころだけでなく、それを伝え
るこころの強さが大事なのだと強く感じ、夜桜の道を戻りました。

イベントは来週7日の火曜日まで開かれています。
ご興味のある方はぜひ。

また、このイベントにあわせて石嶋さんは「結城紬 着る作る知る」という本
も出されました。
今までも結城紬の技術的な本は出ていましたが、手触りや着心地など、使う
側の視点で書かれた本はありませんでした。これも彼女の「伝える心」の
結晶だと思います。

yuki_book←クリックで買えます。


==========================================================
「結城紬_梢遥2009」本場結城紬
4/3(金)-4/7(火)開催

LAPIN ET HALOT(ラパン・エ・アロ)
〒150-0001 東京都渋谷区神宮前5-44-2
TEL:03-5469-2570 FAX:03-5468-9357
受付時間:月曜日~水曜日、金曜日 12:00~19:00
http://www.lapin-et.com/

http://www.yufukiya.com/
トップのフラッシュをスキップして右下の「今月のお知らせ」から「展示即売会」
を押してみてください。詳細情報が見られます。
==========================================================

2008年08月21日(木)更新

子供の(大人も)創造性を刺激する玩具

「子供ができる前からおもちゃ箱のような家」というのが我が家の
友人評だ。
夫婦してくだらないもの集めが好きで、本人たちだけが「貴重な
アンティーク」と呼ぶ、1920年代から近年までの様々なおもちゃ
や雑誌、道具が山積みになっている。

うちの子供たちは生まれたときから「これはお父さんやお母さんの
おもちゃ。これは自分たちが遊んでよいもの」と区別しているので、
絶対に勝手に棚をあけて遊ぶことはしない。

まあ、以前に比べて減ったとはいえ、それでもおもちゃやさんめぐ
りはなかなかやめられず、出張で海外にいっても本屋と同じくチェ
ックは欠かせず、そんな中で見つけたのがこの「スイッチピッチ」と
いう幾何学おもちゃだ。

switchpitch

複雑に入り組んだヒンジで構成されたボール状のもので、空中に
ちょっと放り投げると、手に取る間に面が裏返る、というものだ。

たったそれだけなのだが、なんとも機構が面白く、大人でも飽きな
い。リビングに転がしておくと、遊びに来たお客様はほぼ間違いな
くハマっている。

まあ、それだけの慰みで買ったのですが、思わぬ効果があることを
発見した。
上の女の子(9歳)も下の男の子(5歳)も、まだキャッチボールなど
はそれほど上手ではない。
それはなぜだろうと良く観察すると、小さい子供は親がボールを投
げるときに親を見ていて、ボールが飛んできてもまだ親を見ている。
すなわちキャッチするとき手元までボールを追っていないからなのだ。

ところがこのボールは投げたとたんに変化するので手元に来るまで
ボールを注視するのだ。するとキャッチボールの成功率が格段に上
がることがわかった。

ここまで読んで、何だそれだけのことか、と思われる方も多いでしょ
うが、子供は日々成長するものの、なにかのきっかけを与えると、そ
れがグンとスピードアップするのだ。事実、これをきっかけにコツをつ
かんだようで、キャッチボールもサッカーのドリブルもものすごく上手
になった。

同じような年頃のお子さんを持つ方、知的好奇心を満たしたい方、
ボケ防止に、、、さまざまな使い方ができる。オススメの一品(笑)。

「スイッチピッチ」

2008年05月05日(月)更新

グランドファザーズ・レター展@玉川高島屋

ゴールデンウィークなのに天気がいまいち。
ということで本日は二子玉川の高島屋に家族で展覧会を見に行って
来た。

『グランドファザーズ・レター展』は、1900年代にイギリスの退
役軍人だったヘンリー・ソーンミル卿(1854-1942)が、お孫さ
ん達に宛てて20年間送り続けていた1200通もの絵手紙を紹介した
展覧会。
個人宛の書簡としては世界最大といわれているそうだ。

grand fathers letter
素人とは思えないほど表情にあふれた絵はがきは本当に愛にあふれ
ていた。子供向けとは言い切れません。時代感(1900年代初頭)
もあるのかもしれないが機械化の未来を描いたり、なかなか面白か
った。

http://www.gfl-kaka.com/

明日6日まで。もし時間のある方はおすすめです。

2007年06月05日(火)更新

「射出成形機」フェチ

「射出成形機」とは、プラスチック製品を作るとき、型(オス型とメス型を
合わせたもの)の中に溶かしたプラスチックを流し込む機械のことだ。

工業デザイナーだった頃は、自分が設計する製品の型はどうあってほし
いか、まで考えさせられていた。
なので、ニュースなどで「射出成形機」と聞くだけで、いまだにワクワクし
てしまうのだ。

プラスチック製品の出来は、型や射出成形の方法によって、まったく変
わる。
端的に言うと「精度」、「組成(やわらかさ、てざわり)」、「美しさ」だ。

例えば、黒いプラスチックは流し込みの跡が見え易かったり、色が安定
しなかったり、塗装なしで品質を出すのは難しい。

ドイツのブラウン社などは抜群にうまく、現役の頃はブラウンの電卓やひ
げそりを何台も分解し、研究したものだ。
日本が誇る精度の高いプラスチック製品の代表に「プラモデル」がある。
「プラモデル」という趣味はかなり減退しているというのが事実だが、それ
でもマーケットを牽引する「売れ筋」が「ガンプラ」と呼ばれる「ガンダムの
プラモデル」だ。

最近のものは、ダブルモールドという成形技術で、やわらかいプラスチッ
クを芯(骨)にして、硬いプラスチックで覆い、指の関節が動くものまであ
る。

そんなことに感心していたら、なんと、ガンプラを作っているバンダイが、
そのガンプラを成形している「射出成形機」のプラモデルを作ってホビー
フェア「ガンプラEXPO」で発表したのだ。
http://www.parco-shizuoka.com/web/07gundam/
「射出成形機」のプラモデルなんて、楽屋落ちのようなネタだが、ちょっと
欲しくなってしまった。

驚いたことに、これが人気なのだそうで、オンライン限定で発売されると
いうから見逃せない。
http://bandai-hobby.net/
さらに驚いたことは、まさか、とおもって検索してみると、以前にも「射出
成形機」のプラモデルが出ていたのだ。(非売品らしいが)
http://www.geocities.co.jp/Playtown/4937/models/syasyutu.htm

どうやら長野県の日精樹脂工業に工場見学に行くともらえるらしいのだ
が、今年の秋ぐらいに子供づれで行ってみようかと思う。
もちろんプラモデルは子供にもらうように見せかけて親が搾取する。
http://www.nisseijushi.co.jp/

プラモデルについては以前にブログでも書いたことがあるのでこちらも
参照してほしい。
http://crossmedia.keikai.topblog.jp/blog/118/10000605.html

2007年01月16日(火)更新

国立新美術館

来週1月21日、六本木に国立新美術館がオープンする。

防衛庁跡地の東京ミッドタウンとともに、六本木ヒルズの森美術館の
展望階から建築中の姿が見え、すごいなあ、と思っていたところで、
建築としてもユニークなのでオープンしたらカメラもって遊びに行こうと
思っている。
http://www.nact.jp/index.html
あたらしいホームページですが、かなり抑揚を効かせて作っているの
はわかるんだけど、もう少し色気があっても良かったんじゃないかな?
と思うのはわたしだけだろうか?
アクセシビリティなどには気を使っているようだけど、ロゴのセンター配
置など、けっこう権威的な感じが強調されすぎじゃないかなあ、と。

主旨としてはそういう権威から解き放たれたいのでは、と思うのだが。

そのロゴは佐藤可士和さん。
「彼らしさ」がかなり出てしまっているのが、長い目で見るとどうか、
判断の分かれ目だとおもう。
デザインする上でもう少し自分を殺せると「大物」なんだけどなあ。
というのが僕の印象です。(偉そうですみません)


好きな美術館

金沢21世紀美術館
http://www.kanazawa21.jp/ja/index.html

庭園美術館
http://www.teien-art-museum.ne.jp/

東京国立近代美術館工芸館
http://www.momat.go.jp/CG/cg.html

茨城県陶芸美術館
http://www.tougei.museum.ibk.ed.jp/

2006年06月14日(水)更新

趣味の効用 その3

先月24日のブログで、大学時代からバンドをずっと続けていると
書きました。
そもそも音楽をやってみたい、と思ったのはやはり育った環境が
大きかったのです。

私は男3人兄弟の末っ子で、兄2人とは少し年が離れています。
兄はモロにビートルズ世代だったので、私が小学生で物心がつき
はじめたころには、応接間にビートルズを始め、キンクス、ストー
ンズ、などが揃っていました。

それでも自分のお小遣いで初めて買ったレコード(ドーナツ盤シン
グル)は泉谷しげるの「春夏秋冬」でした。

それを何回も繰り返し聞いていると、突然兄が部屋に入ってきて、
「和弘、これをきいてみな」といって数枚の大きなレコード(LP)を
手渡ししてくれました。

1枚は大きな岩肌に5人の男の顔が彫刻されているイラスト(ディ
ープパープル:インロック)、2枚目はおじいさんが薪を背負っている
もの(レッドツェッペリン:IV)、3枚目は銀色のジャケットに青でメ
ンバー3人のイラストが書いてあるもの(ブルーチアー:Vincebus
Eruptum)でした。

フォークを聞いているいたいけな小学生になんという荒治療!と
思いましたが、このときを境に兄のレコード棚をひっくり返し、ハード
ロックばかり聴くようになりました。今思えばなんと的確なチョイス!
と感謝に耐えません。

自分でLPを買うようになってから聴き始めたのは、いわゆるプログレ
というジャンルで、ピンクフロイドやクリムゾン、イエスなど、変拍子に
頭をがくがくいわせていました。

最近はその当時のアルバムが紙ジャケットのCDで、デジタルリマス
タリングで再発されることが多く、つい買わされてしまうことがありま
す。
何よりうれしいのは、その当時のアーティスト(ほとんどがすでに60
代)が今でも活動を続け、新しい音楽を創り続けていることです。

キング・クリムゾンの初期のドラマーだったイアンウォーレスが昨年
出した「The Crimson Jazz Trio : King Crimson Songbook, Vol. 1 」
は昔のクリムゾンの曲をピアノ、ベース、ドラムスのジャズトリオで演
奏しています。
軽く流してかけていると普通のピアノジャズですが、変拍子にツーバス
ばりばりだったりしてなかなか楽しめます。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/B000B865DM/249-3117510-3469104?v=glance&n=561956

クリムゾン、なつかしいけど、さすがに重い。という方は試してみてくだ
さい。

2006年05月24日(水)更新

趣味の効用 その2

気がついたら生まれてから学校を卒業するまで費やした時間を
就職してから今に到る時間が追い越してしまいました。

先日も久しぶりにバンドの練習があり、一緒に演っている仲間も
音楽も、20数年前とまったく変わっていないことに愕然とする自
分です。

なんら精進せず続けている、ただそれだけのことなのですが、本
当に驚異だとおもいます。

昨日に続いてし趣味の話になりますが、大人の趣味というのは
結構お金がかかる(かける)ものだったりしますが、音楽は本当
にお金がかからず、楽しめる趣味だと思います。
ドラムをフルセットもてる環境ではないにしても、自分の楽器(ス
ネアドラムとキックペダル)だって、充分良いものを買っても10万
でおつりがきますし、僕自身もそれを20年使い続けています。

ギターだって同様です。本当にコレクションレベルのものでも、
100万ぐらい、とすれば、(直接価値の比較はできないけど、額面
だけでいえば)車やファッション、旅行などに入れ込むことを考えれ
ば比べて格段に安いのではないでしょうか?

先日も子供をつれて閉館間際の交通博物館に遊びに行った帰り、
御茶ノ水の楽器屋さん街を久しぶりに歩いてきました。

きらきらした目でギターを見上げている同世代の人たちの顔はみんな
素敵でした。

2006年05月18日(木)更新

日本プラモデル興亡史

本屋さんを覗いていて思わず手にとってしまいました。

小学校から中学校にかけて、私の青春はプラモデルとともにあった、
といっても過言ではありませんでした。
高校に進学し、将来何を目指すのか、決めあぐねていた私に、工作
やものづくりが好きなら意匠設計にすすんだらどうか?と勧めてくれ
たのも、そんな私を見ていた(あきれていた)母でした。
ベッドの下は未制作のプラモデルのストックでいつも埋まっているよ
うな状態でした。

これはそんな時代に一瞬でフィードバックさせてしまうような本です。
当時、スケールモデル(特に戦車)などの改造ばかりやっていたの
ですが、「タミヤニュース」という田宮模型から出されている小冊子
を目を皿のようにして見ていたのですが、特に開発者や金型設計者
のインタビューなど、琴線に触れるものが少なくありませんでした。

単にプラモデルを作る、それで遊ぶ、というだけでなく、このころは
「ものづくりの思いに触れる・伝える」という楽しみがあったような気が
します。

その頃読んだエピソードで、いまだに忘れられないのは(この本の中
では触れられていませんが)、こんなコメントでした。
「本物を計測したり、本物の設計図面が有ったとしても、それをスケー
ルダウンすればよいというわけではないんですよ。35分の1にしてみ
たとき、堂々と見える、大きく見える、強そうに見える、早そうに見える、
などの感覚値を盛り込んでディフォルメしていくんです」

最近は超精密に彩色を施した食玩がコンビニで売られていて、つい
手が伸びそうになりますが、このような思いを引き継いでいると思うと
少しうれしくなります。

日本プラモデル興亡史―子供たちの昭和史
次へ»

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

<<  2017年7月  >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘