大きくする 標準 小さくする

2006年12月15日(金)更新

創造性を見せ付けるお歳暮

サラリーマン時代からお付き合いのある「変わった会社」がある。

この会社、基本的には数名の優秀なプロデューサーから成り立
っているのだが、一度一緒に仕事をした会社は、手放せなくなる。

彼らの仕事の一端。それは企業側に付き、宣伝やマーケティング
活動におけるプロデュースワークを行い、大手代理店との間に入
ってプロジェクトマネージメントを行う、というようなものだ。

大手企業で、コミュニケーション予算の大きい会社であればある
ほど、担当者は代理店に丸投げする場合が少なくない。
そんな会社は、彼らを使う必要はない。
だが、真剣にマーケットコミュニケーションを考える企業とその担
当者にとって、彼らは常に企業側の視点に立って考えてくれる心
強いパートナーなのだ。
彼らが加わることで、予算は追加になるが、実際のプロジェクト
フィーの精査を行うことで相殺される場合も少なくないのだ。
そして効果の制度が上げられる。

そして毎年この時期になると、不義理をはたらいているにもかかわ
らず、弊社に彼らからのお歳暮が届く。
毎年、その包みを開けるたびに、驚愕と尊敬と感動があるのだ。

そのお歳暮は、毎年テーマがある。
贈られてくるものは何かの詰め合わせ。

いままで思い出せるだけでも、、
味噌

そば
ハチミツ
ナッツ
パスタ
香辛料

などなど。。

そして今年は「お酢」だ。

工夫を凝らしたパッケージに、世界中から集めたそれらの小さな
パッケージが詰まっている。
そこか感じるもの。それは、彼らのあくなき創造力と、受注業務以
外のことにも、これだけ徹底的に楽しんで創造する、その姿勢だ。

強力に「伝わる」、すばらしいプロモーションだ。

この会社は、「ウィーズブレイン」という。
http://www.wes.co.jp/index.html
wes

2006年11月10日(金)更新

クリスマスはダメよ

ある外資系企業から、

「12月の中旬の土曜日に社員の家族に向けたオープンハウスを
企画したいのだけど、取り仕切ってくれるイベント業者を紹介して
ほしい」

と言われました。

家族を招いてちょっとしたパーティーとともに、お父さんやお母さんが
どんなところでどんな仕事をしているか紹介しよう、というものです。

外資系だし、このタイミングですから、紹介した業者の提案は、

「クリスマス・オープンハウス」

というものでした。

まあ、むべなるかな、というところですよね。

しかしこの会社の回答は「NO」でした。
ワールドワイドな会社で、インド人やイスラム系の社員もいるわけで
すから、特定宗教や習慣に根ざしたイベントはできない、というもの
です。

いわば、徹底した「Diversity(多様性)」を遵守する、という姿勢を持
っているんですね。

普段、ぼーっとハロウィンをやり、クリスマスをやり、初詣にいき、
そしてまたバレンタインをやる日本人には、意識が働かないところかも
知れませんが勉強になりました。

2006年06月16日(金)更新

セミナーは真剣勝負  その3

先週の共同PR「広報の学校:オンラインPR専科」に続き、今週は
本科:対外広報(メディアリレーションズ)実務講座でも、オンライン
PR関連の講義を持たせていただきました。

昨年は105分の授業が前・後期で2回だったのですが、今回は
集中で1回なので、2回分を1回でまとめなければならず、さりとて
どれもお伝えしたい、という気持ちが抑えられず、105分で95枚の
レジメでした(!!)。
10分押しで何とかお話できたのですが、やはり詰め込みすぎたなあ
と反省しています。

参加された方でこのブログを読んでいらっしゃる方、ごめんなさい。

私はいつもこの共同PRさんでお世話になるセミナーをするときは、
参加する方のリストを事前にいただくようにしていて、参加する方々
の企業WEBサイトをチェックしておくようにしています。
こうすると、質疑をいただいたときでも、悩みのポイントなどが理解
しやすいからです。
時間があれば、参加する皆さんから自己紹介をいただきながら自社
のWEBを語ってもらうようにしています。

私からの話はどうしても一方的になりやすく、それよりもその場で
集まった20社なりのアプローチや悩み、生の声を聴くことのほうが
参考になる発見が多いのです。

10年前に私が企業でこのようなことをはじめたときも、常に他社の
担当の方と会って話を聞いていました。

現在、セミナーで知り合った方々同士が、さらに交流を深められるよ
うな場があれば、とプランを練っています。
もっとオープンにボトムアップしていければと思っています。
乞うご期待!

2006年06月08日(木)更新

呼吸と同じ

セミナーでアウトプットしたので、今週の残りは、ちょっと
吸収します。
いやほんとうに、WEB関連のセミナーは楽ができません。
半年前のレジメ(事例)はもう古い。
というより新しい事例がどんどん出てくるのでメインテナンス
が大変です。
今日はすこし早引けして、体と頭のメンテナンスをしてきます。

いずれにせよ、いっぱいアウトプットするとインプット量も増える
ような気がします。
スポンジ、というより、雑巾に近いかな。。

そういっている間にまたセミナーのお問い合わせをいただきました。
また、一度セミナー等でご縁をいただいた方から、フォローアップで
もう一度話を聞きたい、とメールをいただくことも多く、ありがたい
ことで大変感謝しています。
夏前までに自社会議室で自主セミナー出来るように整備中です。

ご連絡差し上げますのでよろしくおねがいいたします。

雨宮

2006年06月07日(水)更新

セミナーは真剣勝負:その2

「広報の学校:オンラインPR専科」2日間の講義が何とか終わりました。

2日目の午後はさすがにノドに来ました。
毎回、回を重ねるごとに参加される方の意識が高まってきているのを
感じます。
それは、現場の担当者としての目的意識がはっきりして来ているからだと
思います。

今回は13名の方の参加でしたが、参加者同士も話がしやすい人数で
ちょうどよかったとお思います。
このようなセミナーで大事なのは、私からの一方的な講義だけでなく、
参加者同士がそれぞれの知見を分かち合うことです。
単発、2時間程度のセミナーだと、なかなか参加者同士がうちとけて話を
する、ということは難しいのですが、2日間一緒に勉強すると、それぞれ
の思いが伺えて、私自身も勉強になりました。

2006年06月06日(火)更新

セミナーは真剣勝負

年2回ほど、お世話になっている共同PRさんの「広報の学校」で、
「オンラインPR専科」という講義を行っています。

今日は、その春の回の第1日目。
2日間で都合3キロほどやせる予定です。

共同PRさんの広報の学校は広報実務を包括的に勉強できる唯一の
セミナーで、非常にバリューが高く、10数年前にわたしが広報に
転部するさい、このような機会があれば楽だったなあ、と思います。

その包括的な「広報の学校・本科」に加え、IRやメディア対応、
オンライン(WEB)対応に特化したコースが「専科」で、2日間
で2時間の授業を6コマ行います。

短時間でその全てをお話しすることは難しいのですが、参加される
方々の意識も年々向上してきているので、本当に真剣勝負です。

通常、セミナーは一度レジメを決めると結構使いまわしが利くはず
なのですが、オンラインPRに関しては日々アップデートがあるの
で毎回毎回手を入れています。

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

<<  2017年9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘