大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


嬉しいような悲しいお話

投稿日時:2009/10/21(水) 16:58rss

今年前半はビジネスにおいては本当に辛い時期でした。
弊社にとっても多くのお客さまから仕事の延期や中断を余儀なくされ、
事務所の縮小を行わざるを得ない状況でした。

やっと夏前から少しずつ復調の兆しが見えてきたというところでしょうか。
それでもまだ、何とかビジネスを続けさせてもらえているだけでも幸せ
なのかも知れません。

「まだ綱渡りだよ」

というと、友人には

「いやいや、綱の上にいられるだけ、まだマシなほうだよ」

と返されました。

事実、私の事務所があるのは青山の骨董通りの裏手なのですが、骨董
通り近辺は、夏ごろから路面店(ブティック、レストラン、美容室、ギャラリ
ー)の撤退がいまだに続いています。
また、オフィスビルやマンションにも小さな事務所が多く入っているのです
が歩きながら少し顔を上げると、これもまた確実に空き部屋が増えている
状況です。
話は変わりますが、実は近所に私にとってのオアシスがあるのです。
(本当はあまり教えたくないのですが・笑)
いわゆる美術書やデザイン関係の書籍、雑誌を中心に扱う「オヨヨ書林」
という古本屋さんです。
http://oyoyoshorin.shop-pro.jp/

昨年、根津から青山に移ってきました。

最近ここを覗いたら、すごいことになっていました。
と、いうのも、あまり見かけないような貴重なデザイン関係の書籍が床から
幾山も平積みになっているのです。

帰りがけに立ち寄って、おもわず何冊か取りおきをお願いしてしまいました。
しかも値段も安かったので驚きです。

これは推測の域ですが、残念ながら事務所の整理や移転を行った近所の
デザインオフィスから大量に出たものではないかと思います。
その事実を思えば、ちょっと悲しい話ですが、勝手に志を引き継ぐつもりで
引き取る決意(笑)をし、久しぶりにまとまった資料を買い込みました。
普段は夜中に海外のオークションなどで探っていたような資料(本)が手ご
ろな価格で買えたのはラッキーでした。

トラックバック一覧

コメント

名前:
メールアドレス:
コメント:
ce00e0b3048ee426c12a7914506d762e.png?1506093932
画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

20141009bnr.jpg

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(583)


<<  2017年9月  >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

コメント一覧

最新トラックバック

  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Polo Ralph Lauren from Polo Ralph Lauren
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘