大きくする 標準 小さくする

«前の記事へ 次の記事へ»


雑誌「PRIR」に寄稿

投稿日時:2008/05/02(金) 10:06rss

昨日5月1日発売の「PRIR」(株式会社宣伝会議)6月号の特集
「広報も過ぎれば無礼!?」に寄稿した。

タイトルは
「テクノロジーを使えばやった気になる?オンライン広報の落とし穴」

編集者の方がかなりアグレッシブで元気な方だったのでそれに乗せ
られた感もあるが、私にしては刺激的で面白く提示できたと思う。

http://www.sendenkaigi.com/hanbai/magazine/prir/

prir6
企業コミュニケーションについて、平行してレポートしている米国の状
況を見ても理解していただけると思うが、テクノロジーの活用で悩む
状況は日本とさほど変わらない。
しかし彼らは、一つ一つ、前向きに捉え、チャレンジし、失敗し、反省
し、そして自分のものにしていく。

翻って私たちの周りでは「いや技術には弱くて」とか「どこから手をつ
けて良いか」とか「常々気にはしているのですが」といいながら、一向
にアクションの取れない広報担当者も少なくないように思える。

この差はどこにあるのか?

背景にあるのは、広報における業務意識の持ち方だ。
90年代の初頭、ネットの活用が始まる前夜に彼らが直面していた全
社的な業務プロセス改革。その波に一度もまれることで自分たちのプ
ロフェッションは何なのか、そのためにどうすればよいのか、突きつけ
られたのだ。
その意識が根付いたときに現れたインターネット。新しい技術や表現
に迷うことはなく、まずは面と向かって取り組んでみよう。そこから得
られたものを経営や社員、ひいては顧客にフィードバックしていこう、
という姿勢があったのだ。

それに比べて勢い代理店やテクノロジーベンダーに押されたまま10年
過ごしてきた日本企業。今はそのギャップの臨界点にあるのかもしれな
い。

後戻りはできないが、一度足元を見直す機会を持っても良いのではな
いだろうか?
担当者にとっては短期的なキャリアの足踏みになるかもしれない。
しかし会社にとってのコミュニケーション価値を生み出すきっかけとなれ
ば数年でリカバリーは可能だ。
しかもその経験を欲する企業はとても多い。キャリアアップのチャンスも
増える。(独立の可能性も増える)

今回の記事は、そんな意識を持っていただくきっかけとなれば幸甚だ。

トラックバック一覧

コメント

名前:
Eメールアドレス:
コメント:
ファイル

画像の英字5文字を入力して下さい。:
パスワード:

会社概要

1999年2月創業。 ビジネスにおけるインターネット活用経験は日本のインターネットの発展の変遷とほぼ同期しており、豊富な経験を有する。 主宰者は企業広報から自己啓発でWEBマスターになった経験から、今後オンラインを中心とした企業コミュニケーションが重要になるとの思いで独立、創業した。...

詳細へ

個人プロフィール

美術大学デザイン科を卒業後、12年間工業デザイナーを勤める。当時勤めていた外資系メーカーで本社出張を重ねるうち、本社の親組織で行っている「コーポレートコミュニケーション」の役割と重要性に魅了され、セルフリストラして広報部に社内転職。自ら部門を超越した「コーポレートコミュニケーション」を実践する...

詳細へ

最近の記事

このブログの記事タイトル一覧(583)


<<  2021年6月  >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

コメント一覧

最新トラックバック

  • ブラウン ニゾ スーパー 8カメラ 561 from CRAFTS DESIGN
    ( Braun Nizo Super 8 Camera 561 ) 各要素が絶妙なバランスで配置されています。「デザイン」と言うものの美しさを改めて感じる瞬間。 無駄が削ぎ落とされた配置の美学。 ドイツの電気器具メーカー「ブラウン(Braun)」の子会社だった、「ニゾ(Nizo)」による8ミリカメラです。クラシカルでヴィンテージな香り満載です。 ブラウンは、ドイツのモダンインダストリアルデザイン、また機能性と技術の融合と密接な関わりなど、現代のプロダクトデザインに大きな影響を及ぼしてきたメーカーです…
  • フェラガモ アウトレット from フェラガモ アウトレット
    50万円のパソコン用キーボード! - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • mbt mens shoes from mbt mens shoes
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Air Jordan?1 from Air Jordan?1
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘
  • Chanel Perfume from Chanel Perfume
    企業広報誌 - クロスメディア・コミュニケーションズ 代表取締役 雨宮和弘